GooglebotのレンダリングがChrome41からChrome74へ

Googlebot レンダリング

Google I/Oにて、Googlebotで使用するレンダリングエンジンが、Chrome41からChrome74へアップデートされたと発表がありました。

ようやく、Googlebotによるレンダリングが、最新のレンダリングエンジンで実行されることになります。
また、定期的にレンダリングエンジンはアップデートされるとのことです。

Today, we are happy to announce that Googlebot now runs the latest Chromium rendering engine (74 at the time of this post) when rendering pages for Search. Moving forward, Googlebot will regularly update its rendering engine to ensure support for latest web platform features.

本日、Googlebotが検索用にページをレンダリングする際、最新のChromiumレンダリングエンジン (この記事の執筆時点では74) を実行していることをお知らせいたします。 今後、Googlebotは最新のWebプラットフォーム機能を確実にサポートするために、レンダリングエンジンを定期的に更新します。

引用 The new evergreen Googlebot

現在のChromeの最新バージョンはChrome74なので、Googlebotのレンダリングは、ユーザーが使用するブラウザと同じバージョンのChromeで行われることになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Chrome41のウェブ レンダリング サービス (WRS) の問題点は?

今まで使われていたChrome41のウェブ レンダリング サービス (WRS) の問題点を見ていきます。

Chrome41がリリースされたのは2015年3月です。すでに4年以上も古いため、Googlebotでレンダリングを行う際、最新のJavaScriptの技術をサポートできませんでした。最新バージョンのChromeを使ったユーザーのブラウザでは正しく表示されていても、Googlebotでエラーになる可能性があったのです。

実際、GooglebotがJavaScriptのレンダリングを正常に処理できなかったことで、検索パフォーマンスが急落したケースも聞いたことがあります。

サイトの規模や構築方法によっては、SEOを行う際、4年前のブラウザであるChrome41を意識しなければならないケースもありました。

また、HTMLのページをインデックスするプロセスと、JavaScriptで生成するコンテンツのインデックスするプロセスは異なります。JavaScriptで生成するコンテンツが検索結果に反映されるには、HTMLのページよりも多くの時間がかかってしまう問題点もあったのです。

ダイナミックレンダリング

Chrome41のWRSで問題になるような、変更する頻度の高いJavaScriptで生成されるコンテンツや、Chrome41で処理できないJavaScriptの機能を使ったページの場合、Googlebotが正しくJavaScriptを処理できないことがあります。このようなケースにおいて、Googlebotがコンテンツを理解できないケースに直面することになるため、Googleではダイナミックレンダリングを推奨していました。

ダイナミックレンダリングを実装することで、上記の問題は回避できます。

ちなみに、ダイナミックレンダリングを実装すると、ユーザーにはクライアント側でレンダリングされるコンテンツを返し、GooglebotにはHTML化した状態のプリレンダリングしたコンテンツを返します。

GooglebotのレンダリングがChrome74へアップデートするとどうなる?

今回、Googlebotのレンダリング機能が、Chrome74のレンダリングエンジンにアップデートされたことで、JavaScriptが生成するコンテンツをGooglebotが正しく理解できるようになります。
最新のJavaScriptの機能についても、Googlebotはサポートするとのことです。

新しいGooglebotでサポートする新機能

GooglebotのレンダリングエンジンがChrome41からChrome74へ変更されたことで、1000個以上の新機能がサポートされます。

Google社員のマーティン氏によると、すでに1000以上の新機能はサポートされている模様です。

特に以下の機能は、待ち望んでいた方も多いはずです。

  • ES6 and newer JavaScript features
  • IntersectionObserver for lazy-loading
  • Web Components v1 APIs

ES6 and newer JavaScript featuresについて紹介します。
Chrome41ではES6をサポートしていなかったので、今までES6を使っている場合は、JavaScriptをES5にトランスパイルする必要がありました。今後、その必要はなくなります。

今後、レンダリングエンジンのバージョンアップは?

今回、Chrome74がレンダリングエンジンに組み込まれましたが、数ヶ月経てばユーザーが使用するChromeのバージョンとの乖離が起きます。
少なくともユーザーが使用するChromeは、1〜2ヶ月毎にバージョンアップされています。
PC版のChromeは以下の日程でバージョンアップされました。

  • Chrome74・・・2019年4月23日にバージョンアップ
  • Chrome73・・・2019年3月12日にバージョンアップ
  • Chrome72・・・2019年1月29日にバージョンアップ

ユーザーが使用するChromeに合わせてレンダリングエンジンとして使用されるChromeもバージョンアップするのか、それとも定期的にバージョンアップしていくのかについて、今の時点ではお伝えできる情報はありません。

今回のGoogle I/O中に、Googleのマーティン氏よる発表があるかもしれませんので、何か情報が分かり次第こちらでお伝えしていきます。

さいごに

以上、GooglebotのレンダリングがChrome41からChrome74へアップデートされた件を紹介しました。

Googlebotのレンダリングが、最新のJavaScriptの技術をサポートし、ユーザーが使用するChromeと同じバージョンのレンダリングエンジンで実行されることになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)