Search Consoleでドメインプロパティを作成する方法

Search Consoleでドメインプロパティを作成する

今日のエントリーは、Search Consoleでドメインプロパティを作成する方法を紹介します。

ドメインプロパティを作成すれば、ドメインを全体として見れるので、Search Consoleのデータを1つのプロパティで確認できます。
www有無、https、https、mドット、サブドメインがあった場合も、ドメインプロパティにデータが集計されるので、1ヶ所で全体像を把握することが可能です。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

ドメインプロパティを作成する方法

ドメインプロパティを作成するには、ドメイン所有権をDNSレコードで確認する必要があります。Search Consoleに表示されるDNSレコード (TXTレコード) を、レンタルサーバーのDNS設定で追加します。
以下手順です。

  1. Search Consoleでプロパティを追加
  2. ドメインプロパティにドメインを入力
  3. DNSレコードでドメイン所有権を確認
  4. 「新しいドメインプロパティへようこそ」と表示されるので「開始」をクリック
  5. プロパティの右にある▼をクリック
  6. ドメインプロパティを選択

1. Search Consoleでプロパティを追加

Search Consoleにアクセスし、新規プロパティを追加します。

Search Consoleからプロパティを追加

2. ドメインプロパティにドメインを入力

ドメインプロパティにドメインを入力してください。

ドメインプロパティにドメインを入力

3. DNSレコードでドメイン所有権を確認

DNSレコードでドメイン所有権を確認します。

①Search Consoleに表示されるTXTレコードをコピーする

②レンタルサーバーの管理画面にアクセスし、TXTレコードを貼り付ける

③「確認」ボタンをクリック

DNSレコードでドメイン所有権を確認

④「所有権を確認しました」と表示されればOK

「所有権を確認しました」と表示されればOK

⑤「所有権を確認できませんでした」と表示されたら、数分待ってから、再度試す

TXTレコードを追加しても、Googleで変更が反映されるまで、少し時間がかかります。僕の場合は2分くらいでTXTレコードが反映されました。

「所有権を確認できませんでした」と表示されたら、数分待ってから、再度試す

設定から所有権の確認を見ると、使用した確認方法に「ドメイン名プロバイダ」と表示されればOKです。

設定から所有権の確認を見ると、使用した確認方法に「ドメイン名プロバイダ」と表示される

TXTレコードの追加がわからない場合は?

Search Consoleの所有権をDNSレコードで確認する方法は、以下のエントリーに詳しく書きました。エックスサーバーとカゴヤのレンタルサーバーでDNS設定をする方法も載っていますので、参考にしてください。

今日のエントリーは、Search Consoleの所有権をDNSレコードで確認する方法を紹介します。 Search Conso...

4. 「新しいドメインプロパティへようこそ」と表示されるので「開始」をクリック

「新しいドメインプロパティへようこそ」と表示されるので「開始」をクリックします。

ドメインプロパティの作成

5. プロパティの右にある▼をクリック

プロパティの右にある▼をクリックします。

Search Consoleでプロパティの右にある▼をクリック

6. ドメインプロパティを選択

作成したドメインプロパティを選択すれば、データを確認できます。

作成したドメインプロパティを選択して、データを確認する

代理店、コンサル、ウェブ制作会社がドメインプロパティを作成するのは面倒

ドメインプロパティを作成するにはDNSレコードでドメイン所有権を確認しなければなりません。なので、代理店、コンサル、ウェブ制作会社がドメインプロパティを作成するのは、ひと手間増えて面倒ですね。クライアントのレンタルサーバーの画面にアクセスしなければなりません。コードを貼り付ける方がはるかに楽です。

どんなサイト構成だと、ドメインプロパティを作成するメリットがあるのか?

以下のようなサイト構成だと、ドメインプロパティを作成するメリットがあります。1ヶ所でデータが集計されるのでサイトの全体像を把握できます。

  • サブドメイン
  • mドット (デスクトップページとモバイルページが別URL)

ドメインプロパティのフィルタは?

ドメインプロパティを作成した際、インデックスカバレッジでwww有無、https、https、mドット、サブドメインのフィルタをかけて、それぞれのインデックス状況を把握できるのでしょうか?

現時点では、サイトマップでフィルタをかけることは可能です。

でも、もっと簡単にフィルタをかける機能があったら便利ですよね?

Search Consoleには、「フィードバックを送信」から意見や要望を伝えることができますので、フィルタについての要望を伝えてください。

さいごに

以上、Search Consoleでドメインプロパティを作成する方法を紹介しました。

www有無、https、https、mドット、サブドメインがあった場合でも、ドメインプロパティにデータが集計されるので、1ヶ所で全体像を確認することができます。ぜひお試しください。

今までのSearch Consoleのプロパティでは、ECサイトをサブドメインで展開していたり、デスクトップとモバイルで別URLのサイト構成...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)