GoogleDanceTokyo に行ってきた!Q&Aセッションのまとめ

みなさまこんにちは。

昨日、GoogleDanceTokyoのイベントに出席しました。
参加できるウェブマスターは限定50人ということで、運良く抽選にあたってラッキーでした。

GoogleDanceTokyo

Google+の「Google Dance Tokyo 開催 & 参加者募集のお知らせ」を見ると、

Google Dance は、2002 年から 2008 年まで米国の Google 本社で毎年開催されていた、検索などオンラインマーケティングの担当者を対象としたソーシャルイベントです。今年 3 月、8 年ぶりに Google 本社で開催されたことをきっかけに、今回東京で、より深く検索について語り合う機会を持ちたいと思い、Google Dance Tokyo を開催することになりました。

米国外では初めての開催だったようです。すごく嬉しかったのは、参加者にTシャツのプレゼントがあったこと!

GoogleDanceTokyo Tシャツ

今回の目的

ずばり2つありました。

  • Google社員の方との交流。
  • App indexingだけでなく、App Streaming も登場して、アプリとWEBの垣根がなくなっている中、検索についてGoogleがどのように考えてるのか?を知りたい。

タイムテーブル

19時からスタートして、最初Googleのエンジニアの方のお話。このセッションは、面白い話がたくさんありました!

でも、録音や写真撮影が禁止だったので、ブログに書くのはやめておきます。

その後のQ&Aセッションは、Google社員の方々が、事前に参加者から集めた質問に答えるというものでした。検索やSEOに関して、私自身、もやもやしてたことが、クリアになって、すっきりしました!

写真撮影やソーシャルもOKってことだったので、Q&Aセッションをまとめます。参加した方はもちろん、参加できなかった方や、SEOに興味のある方が見て頂ければなと思っています。

Q1 ランキングについて

Q1 検索結果のランキング、順位付けにおいて、今後重視していく点があれば教えて下さい。

A1 Googleが重視していることは、ユーザーに適切な検索結果は何か?ユーザーが何を求めているのか?質問に対して、どういう答えが、ユーザーを満足させるのか?ということ。

Search Quality Evaluator Guidelines が指標になるので、参考にしましょう。

Q2 AMP対応のSEOへの影響

Q2 AMP対応を促すメッセージが自社サイトのサーチコンソールに来ていますが、企業サイトのAMP対応がSEOにどのくらい影響をおよぼすのか教えて下さい。

A2 Googleでは、サイトのスピードを重視している。ユーザーはページをロードする時間を待ってくれないので、タップした瞬間にロードしてくれるAMPをGoogleでは推奨しているとのこと。

AMPに対応しているコンテンツは、今のところ「ニュースサイト」「レシピサイト」の2つだけです。これ以外ならば、今すぐに対応する必要はないのかもしれません。

追加質問

Q 中長期的に見て、企業サイトが「モバイルサイト」と「AMPサイト」の両方を持つ意味は?

A ウェブサイトのスピード・パフォーマンスは重要。GoogleではAMPはそれを解決してくれるものだと認識しているとのこと。

3年後も同様にAMPの役割は重要だと認識しているが、10年後どうなってるかまでは分からない。

今後AMPがどうなるかについては、AMPはオープンソースのプロジェクトなので、他のエコシステムがどのように適用していくかにもよるとのこと。

ちなみに、このブログもAMP対応していますが、SmartNewsやはてブからのアクセスは、AMPページに飛びます。「ニュースサイト」「レシピサイト」以外でも全く役に立たないということはなさそうです。

Q3 SEO対策への対策

Q3 SEO対策への対策をどのように進めているのか、お聞きしたいです。

A3 ウェブマスターガイドライン を順守することが必要。ペイドリンク、クローキングしないなどのルールを守る。

Q4 Ajaxコンテンツの評価

Q4 社内のSEOを担当しています。ユーザーのUXを考えて一部コンテンツをAjaxを利用して提供したいという声も結構あります。しかし、GoogleはJSを読むが評価はやはりしない可能性も高いと思い、できるだけAjaxは利用しない、または利用してもHTML Snapshotを用意してくださいと話しております。GoogleはやはりAjaxのコンテンツは評価しないのでしょうか?

A4 Googleでは認識されるページはすべてレンダリングしている。認識できるのならば、Ajaxコンテンツでも問題ない。

注意点は、robots.txt でブロックしているとダメ。

あと、マウスが動くと表示されるコンテンツもNG。マウスオーバー、インフィニティスクロールは、Googleが発見できるようURLを用意すること。

Googleがどのように認識しているのかを知るには、Search ConsoleのFetch as Googleでレンダリングして確認します。

Q5 RankBrain

Q5 RankBrainについてもっと詳しく理解を深めたいです。

A5 RankBrainとは、機械学習の技術を使った人工知能。

RankBrainは検索アルゴリズムを、3番目に重要な指標に位置づけている。1番目と2番目の話はありませんでした・・

Q6は時間の関係で飛ばされました。

Q7 低品質サイトからのリンク

Q7 中身の無い低品質なアフィリエイトサイトから大量にリンクを受けて困っています。このリンクは外せないのですが、これらのリンクが、私のサイトに悪影響をおよぼす可能性はありますか?

A7 Googleの長山さんは、どうしてこうなったのか気になるってお話でした 笑

基本的に気にしなくていいということ。Googleではページリンク計算には入れないようにしているとのこと。

どうしても気になるなら、Search Consoleからリンクの否認をしましょう。

バックリンクを否認する

Q8 無料ブログの移転

Q8 無料ブログから独自ドメインへのブログの引越しを準備しています。無料ブログサービスなので、サーバ設定や301リダイレクトなどができません。なるべくガイドラインに違反しないように移転したいのですが、どうすればいいですか?

A8 サイトを移転した場合、301リダイレクトするのがベスト。もし、301リダイレクトできないなら、canonicalタグを使います。

Googleの見解では、同じコンテンツだとしてもガイドライン違反ではないとのこと。このような技術上の制約であればOKとのことでした。

ガイドライン違反となるのは、悪意を持って検索結果を歪める場合です。

ということは、無料ブログをインポートして、Wordpressで構築したブログにエクスポートすることはOKってことですね。ただし、古いブログのほうが運営が長かったりするので、暫くの間、古いほうが評価が高かったりすることもあるそうですが、時間が経てば新しいブログの評価が上がっていくとのことです。

同じコンテンツが2つある場合、Googleが勝手にリダイレクトするケースもあるようです。canonicalタグを入れられるのなら入れましょう。

Q9 タイトルの書き換えについて

Q9 Googleによるタイトルの書き換えについて、それを回避するような方法はないでしょうか?Search Consoleから申請できると助かるのですが。

A9 ウェブマスターから提供されるタイトルは、何でこんなのつけてるのというものが多いようです。そのため、検索結果に表示するときは、書き換えないとユーザーに役立つ情報にはならないのです。

書き換えを回避できてしまうと、キーワードの羅列で意味を成さないタイトルを付けることもありえるので、品質が下がってしまう。

Googleでは、品質が下がらないように今後も書き換えは続けるとのこと。

リライトがうまく行ってないようなら、フィードバックして欲しいとのことです。

ちなみに、タイトルのリライトは「検索クエリ」に依存します。

Q10 企業サイトはSEOより広告に投資すべき?(質問が長いので、リライトしました)

Q10 スマホが普及してきたことで、誰もが24時間いつでもインターネットに繋がれる状態になり、GoogleとしてもAMPやApp indexing、モバフレなど各種検索体験向上施策をされているかと思います。ただし、人の可処分時間は限られており、今ではSmartNewsやLINE、Instagram、Twitter、そして貴社の最大のライバルであろうFacebook,またAppleも独自記事プラットフォームになり、ニュースメディアやSNSで人の時間のほとんどがそれらで消費されているのではないでしょうか。そんな流れのなかで、Google+はイマイチ浸透しておらず、どうやってGoogleに接する機会を維持するのか、増やすのか、が課題なのだとすると、Googleプロダクトの中で、Google検索が担う役割・ミッションというのは具体的にはなんでしょうか?
これまで以上にGoogle検索を使わせることとしては、Androidを普及させることもありますが、AMPで表示速度を早くさせユーザーのストレスをなくす、あるいはわざわざ検索結果でリンクをクリックせずとも、そこである程度の情報を出してしまう(ローカルバックの数を増やす事やHowTo系クエリに対するWikipediaなどの情報表示、スポーツの試合結果等々)、という検索体験向上施策を推し進めつつ、ただし、広告枠をこれまで以上に目立たせ(タイトルを2行にしたり、表示枠を3から4つにふやしたり・・・)、貴社の収益は落ちないようにするのが狙い、という考えは合っていますか?広告の審査もより厳しくなっていると聞いています。
そうなると、スマホで見た際に、検索結果のファーストビューがほぼ広告枠で埋まってしまい、オーガニック順位は事業会社側にとって、あまり流入→売上に与えるインパクトがなくなってくるような気がします。数年後には、百度のような検索結果になってしまうのではないでしょうか。もしその流れがあっているのであれば、事業会社側としては、限られた経営資源(ヒト・モノ・カネ)の中でもし検索からの売上を上げるとしたら、優先順位はSEOするより広告出した方がいいでしょうか?

A10 Googleはサーチ優先と思ってもらっていいという話でした。重要なのは、広告を最適化するために、検索結果を歪めることはないとのこと。

面白かったのは、「Search」側のスタッフは「Adwords」側を気にせず仕事をするのに対して、「Adwords」側のスタッフは「Search」側を意識して仕事をしているそうです。

Googleの社内組織では、「Search」と「Adwords」は完全に縦割りで情報が遮断されているのだそうです。余談ですが、Googleの長山さんが「Adwords」のことを「アズ」て読んでるのがかっこよかった。

SEOへの投資、広告への投資のどちらを優先するかについては、企業のフェーズによって使い分けるべき。例えば、自社ブランドのクエリで検索結果に出るフェーズなら、広告に投資するべきでしょう。

おわりに

Q&Aセッションの後に交流会もあって、とても楽しいイベントでした。

Googleの金谷さん・長山さん・Garyさん、SEOの重鎮である鈴木謙一さん・辻正浩さん、木村賢さんなど、SEO界隈で有名な方もたくさんいらっしゃいました!

Google

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!