HTMLファイルで Search Console の所有権を確認する方法

HTMLファイルで Search Console の所有権を認証する方法

HTMLファイルで Search Console の所有権を確認する方法を紹介します。

Search Console の所有権を確認する方法は他にもありますが、HTMLファイルでSearch Consoleの所有権を確認するのは一番簡単な方法です。

Search ConsoleからダウンロードしたHTMLファイルを、ご契約のレンタルサーバーの「public_html」のディレクトリ (サーバーによって名称は異なります) にアップロードするだけですからね。

詳しい手順を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

HTMLファイルで Search Console の所有権を確認する手順

以下の手順を行ってください。

  1. Search Consoleにアクセス
  2. 新規プロパティを追加する
  3. 所有権が確認される
  4. サイトがHTTPの場合、www有無の2つのプロパティを作成する
  5. サイトがHTTPSの場合、http、https、www有無の4つのプロパティを作成する
  6. 正規URLのプロパティから、サイトマップを登録

1. Search Consoleにアクセス

Search Consoleにアクセスします。

2. 新規プロパティを追加する

新規プロパティを追加します。

以下の手順になります。

①「プロパティを追加」をクリック

Search Consoleに新規プロパティを追加、「プロパティを追加」をクリック
②「+プロパティを追加」をクリック

Search Consoleに新規プロパティを追加、「+プロパティを追加」をクリック
③プロパティタイプの「URLプレフィックス」にURLを入力して続行をクリック

Search Consoleに新規プロパティを追加、プロパティタイプの「URLプレフィックス」にURLを入力して続行をクリック
④HTMLファイルをダウンロード

HTMLファイルをダウンロード
⑤FTPでHTMLファイルをアップロード

お使いのFTPソフトで、Search ConsoleからダウンロードしたHTMLファイルを、ご契約のレンタルサーバーの「public_html」のディレクトリ (サーバーによって名称は異なります) にアップロードします。

⑥「確認」をクリック

Search Consoleに新規プロパティを追加

3. 所有権が確認される

所有権が確認されました。
確認方法が「HTMLファイル」となっているはずです。

Search Consoleの所有権が、HTMLファイルで確認される

「プロパティに移動」をクリックすると、作成したプロパティに移動します。

4. サイトがHTTPの場合、www有無の2つのプロパティを作成する

サイトがHTTPの場合、www有無のプロパティを作成します。

  • http://example.com (wwwなし、http)
  • http://www.example.com (wwwあり、http)

「2. 新規にプロパティを追加する」の手順をもう一度行ってください。HTMLファイルのダウンロードとアップロードは必要ありません。

①「プロパティを追加」をクリック
②「+プロパティを追加」をクリック
③プロパティタイプの「URLプレフィックス」にURLを入力して続行をクリック
④HTMLファイルをダウンロード → 不要
⑤FTPでHTMLファイルをアップロード → 不要
⑥「確認」をクリック

5. サイトがHTTPSの場合、http、https、www有無の4つのプロパティを作成する

サイトがHTTPSの場合、http、https、www有無の4つのプロパティを作成します。

  • http://example.com (wwwなし、http)
  • http://www.example.com (wwwあり、http)
  • https://example.com (wwwなし、https)
  • https://www.example.com (wwwあり、https)

「2. 新規にプロパティを追加する」の手順を複数回行って、複数のプロパティを登録してください。HTMLファイルのダウンロードとアップロードは必要ありません。

①「プロパティを追加」をクリック
②「+プロパティを追加」をクリック
③プロパティタイプの「URLプレフィックス」にURLを入力して続行をクリック
④HTMLファイルをダウンロード → 不要
⑤FTPでHTMLファイルをアップロード → 不要
⑥「確認」をクリック

www有無、http、httpsのプロパティなど、複数のプロパティを作成する理由

正規URLのインデックスに不具合が生じた際、www有無、http、httpsのプロパティを追加しておくことで、原因を特定できる可能性が上がるためです。

6. 正規URLのプロパティから、サイトマップを登録

正規URLのプロパティから、サイトマップを登録します。

①Search Consoleのサイトマップへアクセスして、サイトマップを追加

Search Consoleのサイトマップへアクセスして、サイトマップを追加

②送信されたサイトマップの「ステータスが成功しました」となればOK

Search Console、「ステータスが成功しました」

さいごに

以上、HTMLファイルで Search Console の所有権を確認する方法を紹介しました。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク