「Pixel 3」を使い始めた感想を書いてみた

Pixel 3

Pixel 3はすごくいい!iPhoneをサブにして、メインにしてもいいかも!

Pixel 3をセットアップした直後の感想です。

セットアップもサクサク快適に行えましたし、セットアップ終了後に、いくつかのアプリを操作した際も本当に快適です。

10年近くiPhoneをメインで使ってきたこともあって、Androidはミドルスペックの端末しか購入したことがありませんでした。
今まで使っていたNexus 5Xは、快適だったのは最初の半年ぐらい。それ以降は、あまりにも動作が遅く、スポーツジムでSpotifyを聞く、Androidの動作検証、車のカーナビくらいにしか使えませんでした。ようやくハイスペックのAndroid端末 Pixel 3を使うことになりました。

今日は「Pixel 3」を手に入れましたので、使い始めた感想を書いてみます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「Pixel 3」開封の儀

Pixel 3は洒落た箱に入っている

では早速、Pixel 3の開封の儀です。

Pixel 3は、かなり洒落た箱に入っています。箱の裏もとてもいい感じ。

付属品は、充電器・USB TYPE-Cケーブル、イヤホンです。

Pixel 3の付属品

快適に動作するのか?

Pixel 3は、サクサク快適に動作するので、ストレスは全くありません。
細かいスペックは、以前のエントリーに詳しく書きましたので、よかったら見てください。文末にリンクを貼っております。

動作に関しては、iOSとは異なります。
iPhoneがヌルヌル指に吸い付くように動作するのに対して、Pixel 3はパキパキ動作します。指で操作する以上に速く動作する感じです。

どちらもいいです!

僕はiPhoneに慣れているので、Pixel 3のパキパキする動作にまだ慣れていませんが、慣れたらPixel 3の方が良さそう。
このあたりはAppleとGoogleのOSに対する考え方の違いが出ているようで面白いです。ぜひ体感してみてください。

端末は?

Pixel 3の大きさは、iPhone XSとほぼ同サイズ。軽くてコンパクトなので、使い勝手がいいです。

ただし、もう少し改善してもいいかなという点がいくつかありました。
1年以上前に登場したiPhone Xでは、ベゼルレスのデザインやノッチを採用をしていますので、Pixel 3はデザイン面に、もう少し力を入れてくれると良かったです。
Pixel 3 XLのノッチも大きいので目立ち過ぎるのも気になります。

Pixel 3は3世代の歴史しかありませんが、iPhoneは10年の歴史があるので、今後のPixelには、まだまだ伸びしろがあって期待できます。

カメラはすごくいい

Pixel 3のカメラはすごくいいです。

Googleお得意のAIを使うことで、シングルレンズでもポートレートモードで撮影可能です。
iPhone XSのようにデュアルレンズを搭載しなくてもポートレートモードは実現できる点が素晴らしいですね。

Pixel 3 ポートレートモード

GoogleアシスタントのAI機能

GoogleアシスタントのAI機能は、Pixel 3の最大の特徴と言っても過言ではありません。

Pixel 3は、Googleアシスタントの起動で、いちいち「OK Google」と話しかける必要はありません。本体の横を握れば (Active Edge) 、Googleアシスタントは起動するので、めちゃ便利。電車の中でも周りの目を気にせずGoogleアシスタントを立ち上げることが可能です。

Googleレンズを試したところ、面白いですね。時計、洋服、スニーカーに関しては、かなり精度が高く判別が可能です。今の時点では、同じものがなくても、類似品がバッチリ出てくる感じです。Googleショッピングと連携しているので、気になった商品をすぐに購入できる点は便利ですね。

Googleレンズ スニーカー

以下のAI機能もありますが、まだ試せておりません。

  • 人間のように会話をするAI技術「Call Screen」
  • AIがレストランを予約してくれる「Duplex」

OSは?

Pixel 3には、Android 9.0 Pieが入っています。
機能面については、iOSと大差ありません。どちらも同じようなことができます。

使い勝手には多少の違いがあります。

例えば、iOSの場合、Apple純正のメールアプリでURLをタップすると、Safariが立ち上がります。Chromeで立ち上げることはできませんので、Chromeユーザーには、かったるい仕様です。Pixel 3は、外部リンクのURLは、Chromeが立ち上がりますので、Chromeユーザーにとって使い勝手がいいですね。

またiOSの場合、Twitter、はてブなどのアプリからURLをタップすると、アプリ内ブラウザで開くという欠点があります。例えば、はてブからTwitterへ飛ぶと、アプリ内ブラウザで再度ログインしないと、リツイートができなかったりします。それに対してPixel 3は、サードパーティのアプリからの外部リンクも、Chromeで開きますので、操作性はすごくいいですね。

Pixel 3で戸惑った点

Pixel 3で戸惑った点も書いておきます。

半角英数を入力する際、QWERTYキーボードが出てこない

iOSだとデフォルトでQWERTYキーボードが出てくるのですが、Pixel 3では出てこないです。
ただし、初期設定の画面では、Pixel 3でも表示される画面もありました。初期設定後、Chromeに検索キーワードを入力するようなケースでは、デフォルトでQWERTYキーボードが出てきません。
以下の手順で設定を変更します。

  1. Androidの設定を開く
  2. 「システム」をタップして「言語と入力」をタップ
  3. 「仮想キーボード」をタップして「Gboard」をタップ
  4. 変後 (日本語12キー) をタップして、日本語をタップ
  5. 「英字入力はQWERTY」にチェックを入れる
「英字入力はQWERTY」にチェックを入れる

「英字入力はQWERTY」にチェックを入れる

Pixel 3 はスクリーンショットの撮り方が独特

スクリーンショットの撮り方が独特です。

以下の手順で、スクリーンショットを撮ります。

  1. スクリーンショットを撮る画面で、電源ボタンを長押し
  2. 「スクリーンショット」タブが表示されるので、タップ
  3. Googleフォトに保存される

Pixel 3 はスプリーンショットの撮り方が独特

ちなみにiPhone同様、「電源ボタン」を押しながら「ボリュームの下」を長押しでもスクリーンショットは撮れました。

まとめ

以上、「Pixel 3」を使い始めた感想でした。

今までiPhoneをメインにしていましたが、Pixel 3がメインの座を奪うことになりそうです。

10月10日に開催されたGoogleのハードウェア製品の発表イベント「Made by Google」で、Pixel 3/Pixel ...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク