「外付けハードディスク」で写真のバックアップをしてはいけない理由

外付けハードディスク

「外付けハードディスク」で写真のバックアップをしている方はいませんか?

例えば、デジカメで撮影した写真をPCに取り込んで、PCのデータを「外付けハードディスク」にバックアップを取っているようなケースです。
この方法で写真バックアップするのは、絶対にダメです。

今日のエントリーは、「外付けハードディスク」で写真のバックアップをしてはいけない理由についてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「外付けハードディスク」は衝撃に弱い

「外付けハードディスク」は衝撃に弱く、落としたりすると、いつ壊れてもおかしくないです。なので、「外付けハードディスク」で写真のバックアップはオススメできません。

ハードディスク自体が衝撃に弱いことに加え、「外付けハードディスク」は持ち運んだりもするので、落としたりして衝撃が加わるリスクは非常に高いです。

このような理由から、「外付けハードディスク」を写真のバックアップに使うことは、データが消えてしまうリスクがとても高いことを頭に入れておいてください。

また、以下のような理由も考えられます。

  • ハードディスクの経年劣化で、データが取り出せなくなることがある
  • ハードディスクの寿命は、1万時間
  • ハードディスクに寿命があることは頭で分かっていても、壊れていない外付けハードディスクを買い換えることは、まずしない

ハードディスクの構造

ハードディスクの構造を簡単に説明すると、プラッタと呼ばれる円盤が、高速回転することで、データの読み書きを行います。なので、パソコンをぶつけたり、落下させてしまったり、ハードディスクに衝撃が加わることで、正常にプラッタが回転できなくなってしまい、ハードディスク内のデータにアクセスできなくなることはよくあります。
ハードディスクは衝撃に弱いので、落下させたりすると、一発で写真はアウトです。

「外付けハードディスク」が壊れたら、10万円以上の出費も・・・

ハードディスクが壊れてしまった場合、ハードディスク復旧業者のお世話になることになり、高額な費用がかかってしまいます。ハードディスクの容量にもよりますが、最低でも10万円以上はかかると思ってください。

ちなみにSSDならば衝撃に強いので、落下が原因でSSD内のデータにアクセスできなくなることは、ほとんどありません。

デジカメの写真を「PC」に保存して、「外付けハードディスク」でバックアップを取ると、必ず差分が出てしまう

デジカメの写真を「PC」に保存して、「外付けハードディスク」でバックアップを取っている方もいると思います。
この方法で写真をバックアップしている方は、すぐにでもバックアップ方法を変更することをオススメします。

なぜかというと、「外付けハードディスク」を使ったバックアップは、運用が面倒なので、次第にバックアップしなくなってしまい、PC内の写真と「外付けハードディスク」の写真は、常に差分がでてしまうからです。だんだん面倒になって、気がついたら、「外付けハードディスク」のバックアップは全く取っていないという状況になるケースがほとんどです。

差分が出た後「PC」が壊れると最悪

「外付けハードディスク」と「PC」の写真に差分が出た後、「PC」が壊れたら最悪です。

この場合、直近の写真は、全部消えてしまいますからね。

「microSD」で写真をバックアップしてはいけない理由

たまにSDカードに写真を保存するために、「microSD」が一杯になると、その「microSD」を保管して、新しい「microSD」を買い足していくという方がいます。要するに、「microSD」で写真をバックアップしているということなんですよね。
これは論外です。

「microSD」で写真をバックアップしてはいけない理由は、「microSD」のデータはいつ飛んでもおかしくないためです。
写真を保存する目的で「microSD」を使ってはいけません。

さいごに

以上、「外付けハードディスク」で写真のバックアップをしてはいけない理由を書きました。

デジカメの写真をPCに取り込んで、PCのデータを「外付けハードディスク」にバックアップを取っている方は、いつ写真が消えてしまってもおかしくないということを、頭に入れておいてください。

大切な写真は、クラウドを使ってバックアップすることを強くオススメすます。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク