家族や子供の写真を失いたくないならば、GoogleフォトかiCloudフォトライブラリで写真を管理すべし

家族や子供の写真は、どのように管理していますか?

家族の記念写真や子供の写真など、絶対に失いたくない写真はあるはずです。
昔のフィルムカメラならば、「ネガ」が残っていれば、写真がなくなっても現像できます。でも、スマホやデジカメで撮影した写真は、データが消えてしまえば、写真は戻ってきません。

今まで、PCが壊れてしまい、家族や子供の写真データにアクセスできなくなり、途方に暮れた友人を何人も見てきました。

今日は、「家族や子供の写真を失いたくないならば、GoogleフォトかiCloudフォトライブラリで管理すべし」というタイトルのとおり、家族や子供の写真を絶対に失わない管理方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

GoogleフォトかiCloudフォトライブラリで写真を管理すれば、写真は絶対に失わない

GoogleフォトかiCloudフォトライブラリで写真を管理すれば、写真は絶対に失いません。

理由は、クラウドで写真を保存するため、クラウドの写真を消さない限り、写真は失わずにすむからです。

クラウドに写真を保存しているのであれば、パソコンが壊れても、写真はなくなりません。
例えばGoogleフォトならば、Googleアカウントにログインするだけで、Googleフォトに保存した写真を見ることが可能です。

Googleフォトで写真を管理

Googleフォトで写真を管理

Googleフォトの最大の特徴は、OSを問わない点です。Windows、Mac、Android、iOSすべてのOSで使えます。

複数のOSを使っている方は、それぞれの端末で撮影した写真を、Googleフォトで一元化ができ、しかもバックアップも取れるのでオススメです。

iCloudフォトライブラリで写真を管理

iCloudフォトライブラリで写真を管理

iCloudフォトライブラリならば、Apple IDにログインするか、ブラウザから icloud.com へアクセスすれば、写真を見ることができます。iCloudフォトはAppleユーザーにオススメです。iPhoneとMacだけを使っているならば、iCloudフォト一択ですね。
ちなみにiCloudフォトは、Windowsでは使うことは可能ですが、使い勝手はいまいちです。Androidでは利用することはできません。

Googleフォトで写真をバックアップする方法

Googleフォトで写真をバックアップする方法を紹介します。

  1. バックアップのモードを選択
  2. スマホの写真は、「Googleフォト」アプリをインストールしてバックアップ
  3. デジカメの写真は、PCでGoogleフォトへアクセスしてアップロードする

1. バックアップのモードを選択

バックアップのモードを選択します。
Googleフォトのバックアップには、次の2つのモードがあります。

  • 高画質・・・圧縮しますが、容量無制限で無料で使える
  • 元の画像・・・圧縮しませんが、Googleドライブの容量を消費する

元の画像で利用する場合は、Googleドライブのストレージを追加で購入する必要があります。

  • 15GB・・・無料
  • 100GB・・・月額250円 (年額を一括で支払うと2500円)
  • 200GB・・・月額380円 (年額を一括で支払うと3800円)
  • 2TB・・・月額130円 (年額を一括で支払うと13000円)

2. スマホの写真は、「Googleフォト」アプリをインストールしてバックアップ

スマホの写真は、「Googleフォト」アプリをインストールすれば、Wi-Fiに接続されている時にアプリを立ち上げるだけで、自動的にGoogleフォトへバックアップを取ってくれます。iOS、Androidどちらもバックアップの方法は、ほぼ一緒です。

設定を変更すれば、Wi-Fiに接続していない場合に、モバイルデータ通信で写真をバックアップすることも可能です。

3. デジカメの写真は、PCでブラウザからGoogleフォトへアクセスして、アップロードする

デジカメの写真は、PCでブラウザからGoogleフォトへアクセスして、アップロードしてください。バックアップが取れます。

①Googleフォトへアクセス

②デジカメをPCに繋いで、Googleフォトへドロップすればバックアップが完了

デジカメ内の写真をGoogleフォトへバックアップしたら、その都度、デジカメ内のmicroSDカードを削除する習慣をつけることを強くオススメします。
削除しないで、次回またGoogleフォトへバックアップしてしまうと、写真がダブってしまいます。

「バックアップと同期」は使わない方がいい

PC用のアプリケーションの「バックアップと同期」は使わない方がいいです。
PCのメモリを大量に消費するのと、バックアップの挙動がおかしい時があるので、僕はオススメしません。

iCloudフォトライブラリで写真をバックアップする方法

iCloudフォトライブラリで写真をバックアップする方法を紹介します。

  1. iCloudストレージを購入
  2. iCloudフォトライブラリを有効にする

1. iCloudストレージを購入

無料で使えるiCloudは5GBまでなので、iCloudストレージを購入しなければ、写真のバックアップとして利用することはできません。

  • 5GB・・・無料
  • 50GB・・・月額130円
  • 200GB・・・月額400円
  • 2TB・・・月額1300円

2. iCloudフォトライブラリを有効にする

iCloudのストレージを購入したら、iCloudフォトライブラリを有効にすれば、iCloudフォトに写真がバックアップされます。

MacとiPhoneをお持ちの方は、両方の端末で設定します。次の手順で設定を行ってください。

  • Macの設定・・・システム環境設定→iCloud→写真→iCloudフォトライブラリ→オン
  • iPhoneの設定・・・設定→Apple ID→iCloud→写真→iCloudフォトライブラリ→オン

「Googleフォト」や「iCloudフォトライブラリ」を使って写真のバックアップを取る際の注意点

「Googleフォト」や「iCloudフォトライブラリ」で写真をバックアップする場合、スマホで写真を削除すると、クラウドからも写真が削除されてしまいますのでご注意ください。
大容量のスマホを使っているのであれば、何の問題もありませんが、少ない容量のスマホの方は要注意です。

さいごに

以上のように、家族や子供の写真を失いたくないならば、「Googleフォト」か「iCloudフォトライブラリ」で写真を管理してください。

PCやスマホが故障しても、写真はクラウドにあるので、何の心配もいりませんからね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク