Googleカレンダーでスケジュールを共有する方法

Googleカレンダーをお使いの皆さん、こんにちは。

Googleカレンダーは、他のユーザーとスケジュールを共有することが可能ですよね?

例えば、Googleカレンダーを仕事で使っている場合、他のユーザーとスケジュールを共有することで、相手の空き時間を見つけてミーティングや打ち合わせができるので、業務効率を上げることが可能です。

夫婦ならば、お互いの外出スケジュールをGoogleカレンダーで共有すると便利です。

ということで今日のエントリーは、Googleカレンダーでスケジュールを共有する方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Googleカレンダーでスケジュールを共有するメリット

Googleカレンダーでスケジュールを共有するメリットは、他のユーザーのスケジュールをオンラインで確認できることです。相手の空いているスケジュールが事前に分かれば、スケジュール管理は楽ですからね。

またGoogleカレンダーで共有する場合、共有するユーザーごとに権限設定を変更することができます。

GoogleカレンダーはOSを選ばない

GoogleカレンダーはOSを選びません。

  • Windows・・・ブラウザで表示できる
  • Mac・・・ブラウザ・Apple純正カレンダーアプリで表示できる
  • iOS・・・Googleカレンダーアプリ・Apple純正カレンダーアプリで表示できる
  • Android・・・Googleカレンダーアプリで表示できる

スケジュールを共有する相手のOSを考えなくてもスケジュールを共有できる点は、すごく便利です。

日本はiOSユーザーが多いので、Apple製品の純正カレンダーアプリで、Googleカレンダーが表示できるのはメリットです。

Googleカレンダーでスケジュールを他のユーザーと共有する方法

お待たせしました。Googleカレンダーでスケジュールを他のユーザーと共有する方法です。

以下の手順で進めていきます。

  1. 共有するカレンダーを作成
  2. 設定をクリック
  3. Googleカレンダーを共有するユーザーを追加

1. 共有するカレンダーを作成

共有するカレンダーを作成します。既存のカレンダーを共有するのであれば、次のステップに進みます。

「友だちのカレンダーを追加」の右側の「+」をクリックして「新しいカレンダー」をクリック

「友だちのカレンダーを追加」の右側の「+」をクリックして「新しいカレンダー」をクリック

「名前」を入力して「カレンダーを作成」をクリック

「名前」を入力して「カレンダーを作成」をクリック

新しいカレンダーが作成されました。

新しいカレンダーが作成されました

2. 設定をクリック

設定をクリックします。

Googleカレンダー 設定

3. Googleカレンダーを共有するユーザーを追加

共有したいカレンダーを選んで「特定のユーザーとの共有」をクリックします。

共有したいカレンダーを選んで「特定のユーザーとの共有」をクリック

「ユーザーを追加」をクリックします。

「ユーザーを追加」をクリック

共有したい相手の「メールアドレス」または「名前」を入力します。メールアドレスがわからなくても、Gmailでやり取りしている相手ならば、「名前」を入力すれば候補が出てきます。

共有したい相手の「メールアドレス」または「名前」を入力

カレンダーを共有する際、他のユーザーに許可する権限を設定します。次の4つの中から選んでください。

他のユーザーに許可する権限を設定

↓左側から権限の低い順に並べています。

予定の時間枠のみを表示 < 閲覧権限 < 予定の権限変更 < 変更および共有の管理権限

  • 予定の時間枠のみを表示・・・この権限を選択すると、共有された相手は、カレンダーに追加されたスケジュールの時間枠しか分からないので、不便です。予定のタイトルや詳細は表示されませんのでご注意ください。
  • 閲覧権限・・・共有された相手には、共有された予定のタイトル・詳細・時間枠が表示されます。
  • 予定の権限変更・・・共有された相手は、予定の追加や編集、共有された予定のタイトル・詳細・時間枠の表示、カレンダーのタイムゾーンの表示、ゴミ箱に入れたカレンダーの削除や復元ができます。
  • 変更および共有の管理権限・・・共有された相手は、「予定の権限変更」で可能な機能に加えて、共有設定の変更ができます。

「送信」をクリックすれば共有が開始されます。

「送信」をクリックすれば共有が開始される

Googleカレンダーの共有を取り消す方法

Googleカレンダーの共有を取り消す方法です。

  1. 設定をクリック
  2. 共有しているカレンダーを選択して、「特定のユーザーとの共有」をクリック
  3. 共有しているユーザーの右側に表示されている「☓」をクリック

1. 設定をクリック

設定をクリックします。

2. 共有しているカレンダーを選択して、「特定のユーザーとの共有」をクリック

共有しているカレンダーを選択して、「特定のユーザーとの共有」をクリックします。

Googleカレンダーの共有を取り消す方法

3. 共有しているユーザーの右側に表示されている「☓」をクリック

共有しているユーザーの右側に表示されている「☓」をクリックすれば、Googleカレンダーの共有は解除されます。

Googleカレンダーの共有を取り消す方法

Googleカレンダーを夫婦で共有する際の便利な使い方

実際に僕が使っている、Googleカレンダーを共有する際の便利な使い方を紹介します。

夫婦で外出するスケジュールを共有

僕は妻と外出するスケジュールを、Googleカレンダーで共有しています。

  • 僕は「夫 外出」というカレンダーを作成し妻に共有しています
  • 妻は「妻 外出」というカレンダーを作成し僕に共有しています

お互いに共有カレンダーを作成して、相手には「閲覧権限」を与えて見せることで、各自のスケジュールが把握できるようになります。権限を「閲覧権限」だけにするところがポイントです。こうすることで相手が修正することを防ぐことができます。

夫のGoogleカレンダー

夫婦で外出するスケジュールを共有

  • マイカレンダーに「夫 外出」とあります。「夫 外出」カレンダーを妻と共有設定しているので、妻のGoogleカレンダーにも表示されます。
  • 他のカレンダーに「妻 外出」とあります。妻が夫に共有したGoogleカレンダーが表示されています。

妻のGoogleカレンダー

夫婦で外出するスケジュールを共有

  • マイカレンダーに「妻 外出」とあります。「妻 外出」カレンダーを夫と共有設定しています。
  • 他のカレンダーに「夫 外出」とあります。夫が妻に共有設定したGoogleカレンダーが表示されています。

さいごに

以上、Googleカレンダーでスケジュールを共有する方法でした。

Googleカレンダーでスケジュールを共有すると、お互いの空き時間をオンラインで確認できるので、時間が有効に使えるようになりますよ。

先日のエントリーでは、Googleカレンダーで他のユーザーとスケジュールを共有する方法について書きました。 Mac・Windo...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク