Android PayとGoogle Payは何が違うのか?

Google Pay

GoogleはAndroid PayとGoogle Walletを統合して、Google Payに名称を変更しました。

今までAndroid Payを使っていたユーザーは、自動的にGoogle Payに更新されます。Android Payの機能も、問題なく全てGoogle Payに引き継がれます。

では早速、Android PayとGoogle Payは何が違うのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Android PayとGoogle Payの違いは?

どちらもGoogleが提供する一般ユーザー向けの決済サービスという点では同じです。が、Android Payがオフラインでの利用を想定していたのに対し、Google Payはオフラインだけでなくオンラインでも利用できることが最大の違いです。

Android Payとは

Android Payは、スマホの中にクレジットカード情報を載せるので、スマホがないと決済できません。Suicaとは仕組みが異なりますが、コンビニや実店舗などでスマホをかざして決済する点においては、Android PayもSuicaも同じように使えます。

Android Payは、対面によるオフラインの実店舗で使うことを想定されているのです。

Google Payとは

Google Payは、オフラインの店舗だけでなく、オンラインで利用することも想定されています。Google IDにクレジットカード情報と個人情報を紐付けることで、スマホだけでなくウェブ上でも決済が可能です。

例えばECサイトで商品を購入する際、Google Payからクレジットカード情報や個人情報を引っ張ってこれるので、ユーザーは決済画面で個人情報を入力する必要がありません。外出先でモバイルで商品を購入する際、クレジットカードや個人情報を入力しなくて良いのはUXが高いといえます。スマホの小さな画面で名前や住所を入力するの面倒だもんね。

Googleにクレジットカードを預けることに不安がある方もいるかもしれませんが、Googleが個人情報を流出する可能性は、限りなく低いと思います。少なくとも、よくわからない弱小ECサイトでクレジットカードを使うよりは、間違いなく安全です。

Google WalletはGoogle Pay Sendへ

Google Payは、Android PayとGoogle Walletが統合したと書きましたが、Google Walletはどこへ行ったのでしょうか?

今後、Google Walletは、送金アプリ「Google Pay Send」として米国・英国で残ります。次回のアップデートで「Google Pay Send」に名前が変更されます。

Google Pay Sendは、友だちや家族に送金する際に利用します。割り勘のときに便利ですよね。

Google Payのメリット

店舗のメリットとユーザーのメリットを見ていきます。

Google Payを導入する店舗のメリット

  • オンラインでスマホで購入する際も、ユーザーの離脱を防げる
    実装が簡単
  • Googleアシスタントでも利用可能
  • Googleへの手数料は無料(決済代行業者への手数料はかかります)

Google Payを使うユーザーのメリット

  • ECで買い物をする際、クレジットカード情報や個人情報を入力する必要がない
  • Googleにクレジットカード情報や個人情報を預けるので、流出する可能性が極めて低い
  • 仕事とプライベートで決済を分けることが可能
  • 店舗のポイントカードを登録できる

Google Payの導入はかんたん

Googleが推奨しているPayment Request API を利用することで、サードパーティのアプリ開発者や、ECサイトにGoogle Payを導入することはとても簡単です。

コードを数行書くだけで実装できますからね。

Payment Request API とは?

Payment Request API とは、ユーザーがオンラインで商品を購入する際、クレジットカード情報や個人情報を入力する必要がなくなり、ユーザーにスムーズな決済のUXを提供できるAPIです。

Payment Request API に対応したウェブサービスやアプリならば、ユーザーがオンラインで商品を購入する際、クレジットカード情報や個人情報を入力する必要がありません。

Payment Request API で簡単・高速な決済を実現する

Payment Request API は、ショッピングサイト上で簡単・高速で一貫性のある決済フローを実現するオープン Web 向けの新しい API です。

・支払い方法・配送先住所・配送方法を、簡単・高速かつ一貫した方法でユーザが選択・追加できる、ネイティブユーザインタフェースを提供します。
・開発者がユーザの決済設定を一貫性のあるフォーマットで取得できる、標準化された命令型の API を提供します。

ECサイトがGoogle Payを利用するかどうかは分からない

Google Payの仕組みは素晴らしいのですが、ぶっちゃけ、ECサイトが導入するかどうかは分かりません。

今まで、Google Payを導入する店舗のメリットやGoogle Payを使うユーザーのメリットを見てきましたが、これって既にAmazonや楽天で実装されてるでしょ?

特に小規模ECサイトにしてみれば、コストを掛けてまでGoogle Payを導入するかは疑問です。
Amazonや楽天に出品すれば、これらの問題は解決されるだけでなく、プラットフォーム側で集客までしてくれますからね。

Amazonや楽天といったプラットフォームで商品を売るのは、マーチャント側は鵜飼の鵜になってしまいますので、オススメはしませんが・・・

ECサイトにとっての理想は、きちんと集客できるECサイトを構築し、ECサイトにGoogle Payを導入することです。自社で集客できているECサイトは、Google Payを導入することをオススメします。

でもね、ほとんどのECサイトは自社サイトで集客できていない現状を考えると、Google PayがECサイトに普及するかどうかは分かりません。

現時点では、DoorDash、Airbnb、Hotel TonightなどでGoogle Payが導入されてます。

さいごに

以上、Android PayとGoogle Payの違いについてでした。

今後、どのように展開していくのか楽しみですね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク