エックスサーバーが HTTP/2 と nginx に対応!どんなメリットがあるのか?

ウェブサイトの管理者の方に朗報です。

エックスサーバが HTTP/2 と nginx に対応しました。

「nginx」導入!「HTTP/2」対応!Webサイト表示速度の大幅向上のお知らせ

「nginx」とは、世界トップ100万Webサイトにおいて最も利用されているWebサーバーです。
大量の同時アクセスへの処理に最適化されており、「nginx」が未導入の環境に比べ処理が速く、
突発的にアクセスが集中した場合でもより高速かつ安定したWebサイトの運営が可能です。

「HTTP/2」とは、SSL化したWebサイトの表示速度が大幅に向上する新しい通信規格です。
「無料独自SSL」「オプション独自SSL」によりSSL化されたWebサイトであれば、
特別な作業を行うことなく、自動的にHTTP/2による通信が行われます。

わたくしもエックスサーバを使っています。契約しているプランはX10なので月額1000円と非常に安価です。

この金額にも関わらず、元々エックスサーバーは高速だし、バズった際に常時接続が500人に到達した際もサーバが落ちることはありませんでした。コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバなのです。

エックスサーバーが HTTP/2 と nginx に対応したので、エックスサーバーを使うだけで、ウェブサイトの高速化が図れることになります。

今日のエントリーは、エックスサーバーが HTTP/2 と nginx に対応したことで、どんなメリットがあるのかについてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

エックスサーバーが HTTP/2 と nginx に対応すると、どんなメリットがあるの?

一言で言うならば、HTTP/2 と nginx に対応したことで、今まで以上にエックスサーバーは高速化されます。

月額1000円のレンタルサーバではダントツに速いことは間違いないです。

HTTP/2とは

HTTP/2をご存じない方もいると思いますので、分かりやすく説明します。

HTTP/2とは、通信プロトコルの1つで、次世代通信プロトコルと呼ばれています。従来のHTTPよりも効率化が図られているため、ウェブサーバとブラウザの通信速度が高速化するのが特徴です。

HTTP/2の特徴

なぜウェブサーバとブラウザの通信速度が早くなるのかというと、HTTPが「1つのリクエストに対し、1つのレスポンスしか返せない」のに対して、HTTP/2は、同時に複数のリクエストとレスポンスを扱うことができるからです。

もう少し詳しく説明すると、HTTPでは、ウェブサイトに複数枚の画像があった際、1枚目の画像の読み込みが終了してから、2枚目の画像を読み込みを開始するという、非常に非効率な通信なのです。

HTTP/2では、ストリームの多重化が可能ですので、接続を複数並列に扱うことが可能です。また、HTTP/2の特徴として、SSL化したサイトの表示速度が上がります。

HTTPからHTTP/2に変更されると、どの程度、速度が上がるのか見てみましょう。わたくしの環境では次の数字になりました。7.58倍高速化されたって凄いよね。

  • HTTP/1.1・・・2.96秒
  • HTTP/2・・・0.39秒

HTTP/2

参考 HTTP/2 TECHNOLOGY DEMO

エックスサーバーにHTTP/2が導入されたことで、ウェブサイトが高速化されることは間違いありません。

nginxとは

nginxとは、オープンソースなウェブサーバーで、高速処理・並列処理・メモリ消費量の少ない特徴があります。

nginxは、同時に大量のアクセスがあった際、サーバが落ちずに対応できるように開発されているのです。

nginxとApacheの違い

多くのレンタルサーバで採用されているApacheと比べると、nginxは一度に大量のアクセスがあった際の処理が圧倒的に早いです。

Wikipediaによると、nginxのシェアは増えている模様です。

ネットクラフトの2017年2月の調査によると、nginxは全アクティブサイトの中で2番目に多く使われている(19.60%)Webサーバである。W3Techsの調査によると、上位1,000サイトの41.1%、上位100,000サイトの32.9%で使われている。BuiltWithによると、上位1万Webサイトの23.8%で使われており、上位1万、10万、100万の区分において成長を続けている。

今までエックスサーバーでは、Apacheが採用されておりました。サーバの仕様にもよりますが、Apacheだと同時接続数が500人〜1000人で、500エラーが出ると言われております。

今回、エックスサーバーがnginxを採用することで、今まで以上に、大量のアクセスがあった際の同時接続数は増えるはずです。

Apacheからnginxに変更されましたが、今までエックスサーバーを利用していたユーザーは、設定を変更する必要もありません。.htaccessもそのまま利用できるのです。

nginx環境下(sv2001.xserver.jp以降)での.htaccessのご利用について

エックスサーバーではnginx環境下においても、Apache環境下で設定された「.htaccess」ファイルをそのままご利用いただくことが可能です。

さいごに

以上、エックスサーバーが HTTP/2 と nginx を導入することで、どんなメリットがあるのかについてでした。

エックスサーバーを利用すると、「ウェブサイトの高速化」「同時接続数の増加」が実現できるので、ウェブサイトの管理者にとってメリットが多いです。

落ちないレンタルサーバを探している方は、エックスサーバーも選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

エックスサーバーの新サーバーへ移行したら、サイトの表示速度が上がった件

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク