「Clova WAVE」は失敗作だと確信した件

LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」は完全な失敗作です。

性能面はポンコツ、マーケティングも全然ダメだもん。

わたくし、7月に先行予約版「Clova WAVE」を購入しました。LINEの人工知能Clovaの性能は未知数でしたが、Amazon Echo、Google Homeに少しでも対抗できる勢力になるという期待を込めて購入したのです。

でもね、「Clova WAVE」の応答性の悪さ、LINEのマーケティングの無策ぶりを見て、LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」は完全な失敗作だと確信しました。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

「Clova WAVE」の性能面は?

一言で言えばポンコツ。

何がダメなのかというと、ほぼ全て。音声認識・応答性・回答の内容、どれも低レベルです。

Echo dotならば、片言の英語で話しても、正確に回答してくれます。ところが、「Clova WAVE」は、流暢な日本語で話しかけても、認識しないことがあります。日本語をわざと単語に区切って発音すれば、なんとか認識できるという感じです。AIに合わせて発声しているにも関わらず、頓珍漢な答えが返ってくることも、よくありました。

LINEのスマートスピーカー「WAVE」が到着したので、Echo Dotと比較してみた!

「Clova WAVE」のマーケティングは?

「Clova WAVE」のマーケティングは大失敗です。

「Clova WAVE」の販売価格の付け方が全然ダメ。

  • 先行予約版 10000円
  • 正式版 2018/1/31まで 12800円
  • 正式版 2018/2/1以降 14000円

10月5日に12ヶ月のLINE MUSICチケット付きで12800円で発売されるのならば、10000円払って先行予約版なんて購入しなかったわ。

当初、先行予約版の到着は、7月末の予定だったんだけど、延期に延期を重ねて実際に届いたのは8月30日だったんだよね。以前のエントリーを参照します。

  1. 当初、7月下旬から8月上旬に到着するという予定だったんだよね。
  2. 8月上旬〜中旬に遅れるという連絡があり。この時点で、希望の方には返品を受け付けますという話でした。
  3. その後、開発中のソフトウェアに一部不具合が生じたため、再度延期のお知らせがありました。8/23より順次発送するということで、わたくしの手元に届いたのは8/30。

先行予約版の到着から、1ヶ月しか経ってないのに、何で値引きするの?先行予約より、現時点で購入したほうがお得っておかしくない?

こういう最低なマーケティングをやられると、もう2度とLINEで新製品が出ても買いたくないですね。

せめて、先行予約で購入したときよりも、正式リリースの方が割高な価格設定にしないと、ユーザーはついてこないと思いますよ。

では、時系列でLINEのマーケティングを見ていきましょう。

先行予約版 10000円

先行予約版は、7月下旬に発送予定ということで、7月中旬に予約を開始しました。

先行予約の特典として、正式版15000円から5000円引きの10000円で購入できるのと、LINE MUSICが6ヶ月間利用可能なチケットがついてきたんだよね。

正式版 2018/1/31まで 12800円

10月5日に正式版がリリースされました。

2018/1/31までの期間限定ですが、12800円で12ヶ月利用可能なLINE MUSICチケット付きですって。
この価格設定は、先行予約したユーザーに喧嘩売ってるよね。

日本でもGoogle Homeが10月に発売され、Amazon Echoも年内に発売されることになったので、LINEは焦ったんだろうね。

スマートスピーカー「Google Home」はAmazon Echoに勝てるのか?

「Google Home」が10月にリリースされます。

Amazon Echo の年内リリースにより、スマートスピーカーの戦国時代が始まる!

いよいよ、Amazon Echo が年内に日本でリリースされます。

正式版 2/1以降 14000円

2018/2/1以降は14000円だそうです。

LINE MUSICのチケットが付くかどうかの発表はありませんが、どうせ12800円でも売れないだろうから、LINE MUSICの特典は付けるんじゃない?

先行予約版をリリースした時の15000円というのはどこへ行ってしまったの?

スマートスピーカー「WAVE」先行体験版、10,000円(税込)にて本日より予約販売を開始

なお、「WAVE」正式版の販売開始は今秋、価格15,000円(税込)にて予定しております。

スマートスピーカーの本命は?

スマートスピーカーの本命は、Google HomeとAmazon Echoです。

搭載している人工知能は、Google HomeがGoogleアシスタント、AmazonがAmazon Alexaです。LINEの人工知能Clovaと比較すると、桁違いに優秀です。

Google検索に紐づく音声検索ならば、Google Homeの圧勝です。
Amazon Alexaが得意な領域は、ECですね。Amazonでのショッピングの履歴に基づく嗜好性や、購入したKindleに基づく、オススメの書籍などのデータはAmazon Alexaが強いはずです。

まとめ

以上、「Clova WAVE」は失敗作だと確信した件についてです。

「Clova WAVE」は、性能面でもマーケティング面でも、先行販売で購入したユーザーを裏切ってしまいました。

今後、LINEの「Clova WAVE」は、厳しい戦いになるだろうね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク