「Amazonマーケットプレイス保証」を申請してみた

先日、川上量生氏の「鈴木さんにも分かるネットの未来」の古本を、Amazonマーケットプレイスで購入しました。

「鈴木さんにも分かるネットの未来」は、ジブリが毎月発行している小冊子「熱風」に、川上量生氏が連載していたものを、まとめた書籍です。手元に「熱風」があるので、書籍はいらないかなと思っていたのですが、38円と安くなっていたので、購入することにしたのです。

Amazonマーケットプレイス保証を申請

でもね、コンディションは「良い」だったにも関わらず、実際に届いたら書き込みだらけの書籍でした・・・上記の画像のような書き込みが数十頁にも及びます・・・

書き込みがあるという記載は全く無かったんですよ・・・最悪の出品者に当たってしまいました。

わたくし、年間20冊以上、Amazonマーケットプレイスで古本を購入するんだけど、こんな醜い書き込みの書籍は初めてだもん。

ということで、本日のエントリーは、「Amazonマーケットプレイス保証」の申請方法についてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Amazonマーケットプレイス保証とは

Amaznoのヘルプによれば、Amazonマーケットプレイス保証とは、

Amazon.co.jp では、購入者の方がAmazonマーケットプレイスの出品者から商品を安心して購入していただくために、保証プログラムを用意しています。Amazonマーケットプレイス保証は、購入された商品のコンディションや配送を保証するものです。

Amazon.co.jpのウェブサイトで出品者から商品を購入するお客様は、配送料を含めた購入総額のうち、最高300,000円まで保証されます。

要するに、Amazonマーケットプレイスで書籍を購入する場合、ちゃんとした古本屋から、個人での出品まで、出品者の幅はかなりあります。なので、到着した商品の状態でトラブルになった際、Amazonが保証してくれるというのが、Amazonマーケットプレイス保証ということになります。

出品者に連絡する

Amazonマーケットプレイス保証を申請する前に、まず出品者に連絡を取ることにしました。

Amazonマーケットプレイス保証を申請されると、出品者の顧客満足指数が下がる仕組みになっていることを知っていたからです。

なので、出品者が誠意ある対応をしてくれるのであれば、Amazonマーケットプレイス保証をしなくてもいいかなと考えていました。

よくある質問:顧客満足指数

申請されたAmazonマーケットプレイス保証はすべて注文不良とみなされますか?
いいえ、申請されたAmazonマーケットプレイスのうち、購入者が取り下げた申請、Amazonが出品者に責任がないと判断し、承認されなかった申請は、注文不良率の算出から除外されます。

出品者への連絡方法

  • アカウントサービス→注文履歴→該当商品→出品者へ連絡

お問い合わせ内容を選択

返品および返金についてを選びます。

Amazon 出品者へ連絡

出品者にメッセージを入力して、Eメールを送信

Amazon 出品者へ連絡

出品者への連絡を時系列で見る

時系列で見てみましょう

2/25 到着後、書き込みがひどいので、出品者へ連絡する

お世話になっております。
先日購入した書籍ですが、書き込みが多数あり状態が酷いので、返品したくご連絡いたしました。

2/26 出品者より返事

お問いあわせありがとうございます、コンディションの説明に記載のため返品につきましてはお客様負担の送料となりますが、到着後、商品代金の返品を受け付けしております。ご了承いただきましたら返送先をお伝えいたしますのでご連絡お待ちしております。

2/26 再度こちらからメール

コンディションは「良い」の商品でしたが、書き込みについての記載は特にありませんでした。数十頁にわたって書き込みがありますので、その旨、商品説明に記載しても良かったと思いませんか?往復の送料を私が負担するのは納得がいきません。

3/2 返事が来ないので、Amazonマーケットプレイス保証を申請する

4日間待って返事が来ないので、わたくしはこの出品者とは断固戦う決意をしました。

Amazonマーケットプレイス保証を申請することにします。

Amazonマーケットプレイス保証を申請できる条件を、Amazonヘルプで確認すると、

申請には、以下のすべての項目にあてはまっている必要があります:

  1. 申請前に、アカウントサービスから出品者に連絡をした
  2. 出品者に連絡し、2営業日が経過しても、出品者から返事がない

今回、見事にこの条件に一致しますからね。

ちなみにAmazonマーケットプレイス保証の申請期間は、「お届け予定日の最終日から90日以内」となっています。

また、Amazonmのヘルプによると、過去の申請件数にもとづいて、申請が断られる場合もあるようです。クレーマー対策としては当然ですよね。

Amazonマーケットプレイス保証の申請方法

お待たせしました。Amazonマーケットプレイス保証の申請方法です。
以下の手順で行いました。

  1. Amazonサイトの注文履歴へ
  2. 「Amazonマーケットプレイス保証を申請」をクリック
  3. 申請理由を選択
  4. 追加情報を入力して、「Amazonマーケットプレイス保証を申請」をクリック
  5. Amazonマーケットプレイス保証の申請が完了
  6. Amazonから「Amazonマーケットプレイス保証の申請を受け付けました」というメールが届く

1. Amazonサイトの注文履歴へ

アカウントサービス→注文履歴→該当商品へ

2.「Amazonマーケットプレイス保証を申請」をクリック

Amazonマーケットプレイス保証を申請をクリックします。

Amazonマーケットプレイス保証を申請

3. 申請理由を選択

申請理由を選択します。

Amazonマーケットプレイス保証を申請

4. 追加情報を入力して、「Amazonマーケットプレイス保証を申請」をクリック

Amazonマーケットプレイス保証を申請

追加情報に、なぜ今回、Amazonマーケットプレイス保証を申請するのかという経緯を記載します。以下の内容を記載しました。

「 お世話になっております。先日、古本をマーケットプレイスで購入しましたが、書き込みが数十頁もあり、ひどい状態の商品でした。その旨、出品者へ連絡をしたところ、返品の条件は、送料は購入者の負担という内容の返信が来ました。その後、当方から「送料も含めて返金して欲しい」旨の連絡を入れましたが、出品者からの連絡は3日間ありませんでした。
納得ができないので、Amazon マーケットプレイス保証を申請いたします。」

追加情報を入力したら、「Amazonマーケットプレイス保証を申請」をクリックしてください。

5. Amazonマーケットプレイス保証の申請が完了

Amazonマーケットプレイス保証を申請

6. Amazonから「Amazonマーケットプレイス保証の申請を受け付けました」というメールが届く

メールには、担当部署にてこの問題を審査し、通常は1~2週間以内に解決されますという内容が書かれていました。

Amazonマーケットプレイス保証が適用されるまでの期間

私の場合は、わずか1日でAmazonマーケットプレイス保証の申請が適用されました。

申請後の翌日にAmazonからメールが届き、Amazonマーケットプレイス保証の適用を認め、注文代金の返金を完了しましたという内容でした。

Amazonの対応めちゃ早くない?

まとめ

今回、初めてのAmazonマーケットプレイス保証の申請だったこともあり、わずか1日で審査が完了して、返金してもらえることになりました。

合計295円が返金されました。

  • 商品代金38円
  • 配送料257円

ヤフオクやメルカリだと、誠意のない出品者とトラブルになっても、プラットフォームが介入してくれることはまずありません。商品の状態などのトラブルは、当事者間でやり取りしてくださいということになっていますからね。

ヤフオクの場合、Yahoo!プレミアム会員に3ヶ月以上加入している場合、「Yahoo!オークション補償」が適用されて保証してくれます。でも、Yahoo!プレミアム会員じゃなかったら、保証してくれません。

プラットフォーマーとしてのAmazon

Amazonは、プラットフォーマーとしての仕事をきちんとしていると思いませんか?

インターネットは価格の比較ができるので、古本は、どんどん値段が安くなります。出品者からすると、どんどん利益が出ないような構造になっているんですよね。で、利益が出なくなってくると、薄利多売になり、商品説明をきちんと記載しない出品者が出てくるので、購入者との間でトラブルになってしまいます。

こういう事態を想定して、Amazonは、「Amazonマーケットプレイス保証」を作っているのだと思います。

トラブルになった際も、Amazonはきちんと購入者の目線で対応してくれます。「Amazonマーケットプレイス保証」で、きちんと返金対応してくれますからね。

Amazonのプラットフォーマーとしての対応は、非常にしっかりしているので、ユーザーは安心してAmazonで商品が購入できるということを改めて再確認しました。

ますますネットショッピングは、Amazonに寡占化されていくことになります。

今後、Amazonマーケットプレイス保証のようなユーザー目線の仕組みを持たないと、ヤフオクもメルカリもユーザーが離れていくと思いますよ。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!