自動運転で交通事故は減るのか?

Appleが、自動運転に関しての要望を、アメリカの道路交通安全局(NHTSA)に意見書として提出しました。

Apple 自動運転車 要望書

Apple、自動運転車の開発を示す動き!米運輸当局に意見書を提出

Appleの製品管理責任者であるスティーブ・ケナー氏が、アメリカの道路交通安全局(NHTSA)の公開した自動運転車に関するガイドラインについて、意見書を提出していたことが分かった、とThe Wall Street Journalが報じています。

11月22日付けの5ページに及ぶ意見書で、Appleのプロジェクトについて具体的内容は明かされていないものの、同社が機械学習に重点的に投資を行っており、自動化システムは交通を含む多くの領域において可能性があると考えている、と述べられています。

Appleは規制当局であるNHTSAに対し、「命を救う技術開発の促進のため」としてより柔軟性な対応を求めているほか、アメリカだけでなく、欧州経済委員会などの国際機関との連携も求めています。

The Wall Street Journalは、この動きを「Appleが将来的に自動運転システムを世界に展開する意欲を示すものだ」と報じています。

Appleの広報担当トム・ニューメイヤー氏は、「Appleは機械学習と自動化システムに重点的に投資を行っているので、NHTSAにコメントを提供しました」「このテクノロジーには、将来の交通を含めた応用の可能性が数多くあります。そのため、私たちは業界の成功事例を作るためにも、NHTSAに協力したいと考えています」とコメントしています。

自動車のハードの開発は断念したというニュースを先日見ましたが、ソフトウェアに関しては、まだ諦めていないんですね。

Appleが自動車の製造を断念?

Appleが大衆向けの自動運転車を製造するという、以前から噂され注目を集めていた大胆な計画のことを覚えているだろうか? 金融情報サービス『Bloomberg』によれば、この計画は頓挫し、数百人の社員は同社の別の事業に振り向けられたという。「Titan(タイタン)」というコードネームで呼ばれる同プロジェクトは、Apple自身による自動車本体の製造から、自動車メーカーの製品向けに販売される単なる自動運転システムの開発へと縮小された。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

自動運転が普及すれば交通事故は減るの?

マッキンゼーのレポートによれば、自動運転が普及することで、交通事故の9割が減少すると言われています。

自動運転車、米で交通事故90%削減も=マッキンゼー

自動運転車が広く普及すれば、米国では自動車事故全体の90%を削減できるかもしれず、年間で最大1900億ドル(約22兆8000億円)もの損害や医療コストを節減でき、何千人もの命を救える可能性がある。コンサルタント会社マッキンゼーが新たなリポートで明らかにした。
この調査は業界関係者数十人とのインタビューした後まとめたもので、自動運転車の大量導入が始まるのが約15年後(2030年前後)、初期導入は20年代初頭と予測している。

グーグルカーに代表される自動運転車は、車載されたセンサー・カメラからの情報をもとに、自動車を制御します。特にグーグルカーは、センサーやカメラで検出した自車の周りの状況をと、衛星画像を元にしたGoogleマップを照合して、自動運転を制御するのです。

はっきりいって、人間が運転するよりも、交通事故が減ることは間違いないです。最近よくニュースであるような、高齢者がアクセルとブレーキを間違えたといった事故は、絶対に起こりませんからね。

とはいえ、現段階では自動運転車の交通事故は発生しています。例を上げてみましょう。↓

グーグルカーの事故

2016年2月14日に、自動運転車であるグーグルカーが、バスと接触事故を起こしています。

「AIの判断ミス」による初の衝突事故:グーグルの自動走行車

テスラの自動運転中の事故

テスラのModelSでも、自動運転中に死亡事故が起こっています。

テスラの自動運転車で初の死亡事故。何が問題だった?

電気自動車メーカーのテスラは6月30日、ウェブサイトで、自動運転機能を搭載した自社の車「モデルS」を使った死亡事故が発生したと発表した。アメリカ運輸当局が、事故の詳しい原因を調査している。テスラによれば、事故は自動運転機能を使った初の死亡事故となる。

事故は5月7日に発生した。「車は、中央分離帯のある幹線道路を自動運転で走っていて、前方で交差点を左折しようとしていた大型トレーラーに衝突した」とテスラは説明している。「後方の空が明るく光っていて、白い色をしたトレーラーの側面をドライバーも自動運転機能も認識しなかった。そのため、ブレーキが作動しなかった」という。

でも、テスラの自動運転車は「レベル2」なので、完全な自動運転ではありません。「レベル2」の自動運転車は、アクセル・ハンドル・ブレーキのうち複数の操作を自動運転のシステムが制御するとはいえ、常にドライバーはハンドルを握れる状態にある必要があります。

↓自動運転の4檀家のレベルについては過去のエントリーに詳しく書きました。

4段階ある自動運転のレベルを説明します!
テスラから完全自動運転の自動車が発売される模様。いよいよ自動運転の普及が加速していきます。 ついに完全自動運転を実現した自動車...

手動運転車と自動運転車

自動運転車だけの世の中になれば、交通事故が減ることは言うまでもありません。でも、自動運転車だけの時代が来るのは、あと15年くらいはかかりそう。

となると、あと15年は、人間が運転する車である「手動運転車」と「自動運転車」が同じ道路を走行するということになります。

人間の感情的な運転があるので、様々な問題が起こりそう・・

人間が運転する車と、自動運転車が共存する社会
グーグルカーは2017〜2020年の実用化を目指しており、自動運転が実現する社会が手の届くところまでやって来ました。 日本は自動運転で...
無人の自動運転車と事故が起きたら、誰と話すの・・・
先日のエントリーで、2020年からの10年間は、人間が運転する車と、自動運転車が共存する社会になりますという話をしたところ、読者の方からこん...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!