カクカクしたiOS9からiOS8へ戻す!

iOS9のアップデートが50%を超えたそうです。AndroidのLolipopが12%の適用率までに5ヶ月かかったことと比べると、めちゃくちゃ早いですよね。

iOS 9、リリース後1週間で適用率は50%超(および好調が予想されるiPhone 6sシリーズ)

Appleによると、iOS 9はリリースして1週間もたたないうちに50%超の適用率を達成したのだそうだ。すなわちiOSデバイスのうちの半数以上がiOS 9で動作しているということになる。
リリース後、24時間の段階では12%の適用率となっていた。Appleの歴史の中でも、最速の適用ペースとなっているとのことだ。

上書きアップデートとクリーンインストール

わたしも9/17にiPhone6とiPad AirをiOS9へとアップデートしました。

アップデート直後に感じたことは、動きが鈍いということでした。

iOS9へのアップデートには2通りの方法があるのはご存知でしょうか?

上書きアップデート

わたしのiPhone6は、今回は上書きアップデートをしました。

ボタン一つでアップデートできるのでお手軽な反面、多くの場合は動作が鈍くなります。

本当はクリーンインストールして使いたいのですが、Apple・Google・Dropbokの2段階認証の再設定などに時間がかかるので、今のところ我慢して使っております。8月の下旬にAppleで交換してもらった際に、クリーンインストールしているので、そこまで動きが鈍くないというのもありますが・・

OS X El Capitan」がリリースするタイミングで、クリーンインストールを行う予定です。

iPhone 6のアンテナピクトが立たない!Appleで無償交換してもらった!
メインのスマートフォンはiPhone 6を使っています。通話はガラケーなので、iPhone 6はIIJmioのデータ通信プランです。 ...

身近な友人のiOS9への上書きアップデート状況を見てみると、

iPhone6では、半年以上使っているものだと、かなり動きが悪いです。

iPhone5sやiPhone5cは、かなり動きがカクカクします。やらない方がいいです。

クリーンインストール

iPad Airはクリーンインストールを行いました。かなり手間はかかりますが、アップデート後の動きは、上書きアップデートとは別物です。快適になります。

最初、上書きインストールしたのですが実用に耐えうる動きではなかったので、クリーンインストールしました。クリーンインストールして、やっとiPhone6の上書きインストールと同じくらいの速度です。iOS9のバージョンが上がればもう少し快適に動くようになると思います。

iPad AirのCPUは「Apple A7 1.4GHz」です。iPhone5sとほぼ同スペックです。このあたりの機種だと上書きインストールをすると、かなり動きが遅くなると思って間違いないです。

手順

  1. iCloudかiTunesにバックアップを取る。
  2. iPhoneを初期化。
  3. バックアップから復元。

iCloudでとったバックアップから復元する場合は、メールのパスワードは入れ直しが必要なのと、アプリは自動で再ダウンロードするので時間がかかります。

iOS9がインストールできるデバイス

iPhone

  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPhone5
  • iPhone4s

iPad

  • iPad Pro
  • iPad Air2
  • iPad Air
  • iPad4
  • iPad3
  • iPad2
  • iPad mini4
  • iPad mini3
  • iPad mini2
  • iPad mini

iPod

  • iPod touch6
  • iPod touch5

iOS9からiOS8へダウングレード

iPhone5sよりスペックの高いCPUを備えた機種ならば、iOS9でもなんとか動きます。

が、iPhone5cやiPad miniなどをお使いの方は、実用レベルでは使えないはずです。

iOS8に戻したいという方もいると思います。

iOS8へのダウングレード時の注意事項

iOS8.4.1より前のiOSでとったバックアップファイルが必要になります。iCloudでもiTunesでもどちらでも大丈夫です。これがないと、iOS8に戻せても復元できないので、初期化した後に工場出荷状態で使うことになります。

また、iOS 8.4.1へのダウングレードは、Appleが推奨しておりませんので、何かトラブルが起きた際は自己責任となります。おそらくAppleサポートでも対応はしてくれないと思います。

iOS8をダウンロード

iOS 8.4.1のインストールファイルをダウンロードします。

Apple Developer Programから直接ダウンロードできます。9/22時点ではダウンロード可能ですが、いつリンクが切れてダウンロードできなくなるかわかりません。

また、iOSのダウングレードする際には、アップルの認証が必要となるので、認証が通らないとダウングレードできません。認証が通るのは、新しいiOSが配信されてからわずかな短い期間のみです。2015年9月22日時点ではiOS 8.4.1の認証が通りますが、すぐに通らなくなりますのでご注意下さい。

iPhone

iPhone5sと5cの型番の確認方法。
「iPhone 5s/5c」で強化されたLTEバンド

iPad

iPod

iPhoneを探すをオフにする

iOS8へ戻すには、「iPhoneを探す」をオフにします。

  • 設定 → iCloud → iPadを探す(iPhoneを探す) → オフにする

iPadを探す

iOS9からiOS8へダウングレード

PCに繋いでiTunesを立ち上げます。

Optionキー(WindowsではShiftキー)を押しながら「iPhoneを復元」(「iPadを復元)」をクリックして、先程ダウンロードしたファイルを選択します。

iTunes復元

「復元」をクリックするとiOS8に戻ります。

iOS8.4.1復元

iOS8のバックアップを戻す

iOS8に戻した状態のiPhoneは工場出荷状態のiOS8.4.1です。

iCloudかiTunesでとったバックアップから復元します。

わたしのiPad AirもiOS8へ戻しました。かなりサクサク動いています。

iOS9のバグ

リリース直後ですが、すでにバグも見つかりました。

【やり方】iOS 9の致命的なバグ 写真がパスワード無しで見られる

すぐに対応すると思いますが、それまではiOS8.4.1へ戻してもいいかもしれませんね。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!