日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

Google検索、日本でもCameosが始まる

Google検索
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

著名人が動画で質問に回答するサービスCameosが日本でも始まりました。

公式 よく検索される質問に、本人が動画で回答

Google検索で「八村塁」「ローラ」などの著名人の名前で検索すると、「回答した人気の質問」としてナレッジパネルに本人が登場する動画が再生されます。

Google、Cameos

スポンサーリンク

Cameosとは

Cameosとは、芸能人・スポーツ選手などの著名人が、ファンからの質問やGoogleトレンドなどの急上昇ワードに短い動画で回答するサービスです。アメリカでは2018年からサービスが提供されています。

著名人の方がCameosのアプリを立ち上げると、本人に対してよく検索されるファンからの質問や、「急上昇ワード」についての質問が表示される仕組みです。

回答を動画で撮影すると、ユーザーが「著名人の名前」で検索した際にCameosが表示されて動画が再生されます。

ちなみに、著名人だけでなく一般ユーザーも回答できます。
一般ユーザーの場合は、ファンに向けた回答ではなく、急上昇ワードに対して回答するケースが多いです。

動画が表示される場所

ユーザーが「著名人の名前」や「急上昇ワード」で検索すると、かなり目立つ場所に動画が表示されます。

  • デスクトップ・・・ナレッジパネルに表示される。
  • モバイル・・・Cameosの動画カルーセルに表示される。通常の動画よりも上に表示される。
Cameos、モバイルの検索結果で表示される場所

Cameos、モバイルの検索結果で表示される場所

動画を録画できる端末は

去年の8月はiOS版のアプリしかありませんでしたが、現在はAndroid版のアプリも用意されています。

アプリを立ち上げると質問が表示され、動画を録画できます。

Cameos、アプリを立ち上げると質問が表示され、動画を録画できる

自動翻訳が表示される

ユーザーの言語に合わせて自動翻訳が表示されます。これは便利です。

Cameos、ユーザーの言語に合わせて自動翻訳される

ユーザーの言語に合わせて自動翻訳される

※Barry Schwartz氏はSEOで著名な方です。Search Engine Roundtableの創設者。

日本のCameosで回答している著名人

この記事を書いている2020年5月26日現在、次の11人の著名人が回答しています。

名前で検索すると、ナレッジパネルにCameosで投稿された動画が表示されます。
Googleの公式ブログによると、今月末にかけて数十名の著名人のCameosを見れるようになるとのこと。

今後どうなるのか?

今後のCameos

アメリカの検索結果では、「egg」といった一般名詞で検索してもCameosが表示されます。

日本で試したい場合、モバイルの言語設定を英語にすればアメリカのCameosが表示されます。

今後、日本でも一般名詞で検索した際にもCameosが表示されるようになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました