AMP for Emailがリリース!動的でインタラクティブなメールが送信できる

Bookingによる「AMP for Email」

Booking.comによる「AMP for Email」

AMP for Emailがリリースされました。

昨年2月にオランダで開催された AMP Conf 2018 で発表されましたが、ついにGmailに導入されました。Gmailの中にサイトが埋め込んであると言うとイメージが付きやすいかもしれません。

メールにAMP技術を導入したことで動的でインタラクティブなメールが送信できるようになり、メールを受信したユーザーはメッセージから直接アクションを行えるようになります。

Gogoleのブログ記事を見てみましょう。

Starting today, we’re making emails more useful and interactive in Gmail. Your emails can stay up to date so you’re always seeing the freshest information, like the latest comment threads and recommended jobs. With dynamic email, you can easily take action directly from within the message itself, like RSVP to an event, fill out a questionnaire, browse a catalog or respond to a comment.

本日より、Gmailがより便利でインタラクティブなメールとなります。最新のコメントスレッドやおすすめの求人など、最新の情報を常に表示することができ、メールを最新の状態に保つことができます。動的な電子メールを使用すると、イベントへのRSVP、アンケートへの記入、カタログの閲覧、コメントへの返信など、メッセージ自体から直接アクションを簡単に実行できます。

引用 Take action and stay up-to-date with dynamic email in Gmail

AMPはモバイルの高速化を目指したプロジェクトでしたが、Gmailで活用されてユーザーにインタラクティブな動的配信のメールが送信できるのは素晴らしいですね。

メールは最新の状態に保たれるので、最新情報を正しく伝えることが可能になります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

AMP for Emailでどう変わる?

AMP for Emailでインタラクティブで動的なメールが送信できるようになりますが、メールがどのように変わるか見ていきましょう。

今までのメールはHTMLかプレーンテキストで作成して送信します。
これに対して、AMP for Emailでは、MIME-type: text-x-amphtml が必要になります。

text-x-amphtml を実装することで、AMP for Emailがサポートされ、ユーザーはインタラクティブなメールを送信できるようになります。
公式の記事にある例を見ていきましょう。

Googleドキュメントをメールに埋め込んでメールを送信

AMP for Email Googleドキュメントをメールに埋め込んでメールを送信

Googleドキュメントをメールに埋め込んでメールを送信することで、誰かがGoogleドキュメントにコメントすると、Gmailのスレッド内でコメントが表示されるようになります。
また、スレッド内からコメントの返信も可能です。

Pinterestの写真をボードに追加する

AMP for Email Pinterestの写真をボードに追加する

オススメのPinterestをメールで送信することで、ユーザーがGmailのスレッド内で、自分のPinterestボードに保存できるようになります。これは便利ですね。

OYOルームのホテルを閲覧する

AMP for Email OYOルームのホテルを閲覧する

オススメのOYOルームをメールで送信することで、Gmailのスレッド内でホテルを閲覧できるようになります。予約まで完結できるはずなので、かなり使い勝手は良くなりますね。

AMP for Emailでインタラクティブなメールを送信できるのは?

AMP for Emailでインタラクティブなメールを送信できるのは、どんなケースなのか見ていきます。

Gmail同士

Gmail同士ならば何の問題もなくAMP for Emailで動的なメールを配信できます。
まあこれは当たり前ですよね。

Gmail以外

例えば、GmailからYahoo Mailに配信する場合はどうでしょう?
結論から先にいうと可能です。

AMP for Emailに参加しているメールプロバイダならば、動的なメールに対応しています。

メールプロバイダは?

AMP for Emailを送信するには、メールプロバイダが対応する必要があります。
公式ページによると、以下のメールプロバイダは対応するとのことです。今後、もっと増えていくことは間違いなさそうです。

  • Yahoo Mail
  • Outlook.com
  • Mail.Ru
  • SparkPost
  • Litmus
  • Twilio Sendgrid
  • Amazon SESとAmazon Pinpoint

AMP for Emailをメールアプリで受信できるのか?

Googleの公式情報によれば、Gmailを別のメールアプリで使用している場合は、静的バージョンが表示されるとのことです。

でも将来的には、メールアプリが対応すれば、AMP for Emailでインタラクティブなメールを受信できるようになるかもしれません。

AMP for Emailを導入した会社は?

Googleの記事によると、以下の企業はAMP for Emailを導入しています。数週間以内に、以下の企業からAMP for Emailを使った動的配信されるメールを見ることができる模様です。これは楽しみですね。

  • Booking.com
  • Despegar, Doodle
  • Ecwid
  • Freshworks
  • Nexxt
  • OYO Rooms
  • Pinterest
  • redBus

AMP for Emailを作成してメールを送信するには?

AMP for Emailを作成してメールを送信するには、公式情報を元に実装することをオススメします。

さいごに

以上、AMP for Emailのリリースについて紹介しました。

動的なインタラクティブなメールは楽しみですね。

2019年3月に AMP for Email がリリースされました。 早速、Gmailに「AMP for Email」を表示し...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)