Search Consoleに登録していないサイトは、URLをGoogleのインデックスに送信できなくなる

Search Consoleの仕様が変わり、Search Consoleに登録していないサイトは、URLをGoogleのインデックスに送信できなくなりました。

↓先日、Googleから発表がありました。

Search Consoleに登録していないサイトでも、Googleのインデックスにリクエストを送信できたので、便利な機能だったんだよね。

2018年に入ってから、Fetch as Googleの利用回数も制限されましたし、第三者が誰でもURLを送信できるツールはスパムに使われる可能性もあるので廃止したということなんだろうね。

でもね、ご安心ください。まっとうにサイト運営しているウェブマスターには、何も影響はありません。Search ConsoleにURLを登録すれば同様のことはできますからね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

以前は、自分が管理していないサイトでも、URLをGoogleのインデックスに送信できた

自分が管理していないサイトというのは、Search Consoleに登録していないサイトのことを指します。

以前は、自分が管理していないサイトでも、URLをGoogleのインデックスに送信できました。インデックスされるかどうかは別の話ですが、リクエストを投げることができたのです。

ちなみに、こちらのページから、リクエストができました。@2011年 Googleとフッターに入っているし、なんだか古いページな感じがしますねw

URLをGoogleのインデックスに送信

「URL を Google のインデックスに追加」をクリックすれば、URLを入力できる画面に変わり、Search Consoleに登録していないサイトでも、インデックスにURLを送信できました。

今は、すでに修正されており、「URL を Google のインデックスに追加」をクリックすると、次のように表示されます。

Google インデックスに URL を送信するには、サイトマップを送信するか、新しい URL 検査ツールを使用してください。

要するにSearch Consoleに登録しなければ、インデックスにURLを送信できなくなったのです。

URLにクロールをリクエストするには、どうすればいいのか?

サイトをSearch Consoleに登録して、次のどちらかを行ってください。

  • サイトマップを送信
  • Fetch as Google でインデックスに送信

サイトマップを送信

記事を更新した時に、URLをクロールをリクエストするには、サイトマップを送信すればOKです。
また、サイトマップには、複数のURLを一度に送信できるので、とても便利です。

記事を更新するたびに、Fetch as Googleを送信する方がいますが、その必要はありません。
サイトによってクローラの訪問する頻度は異なりますので一概には言えませんが、僕のサイトの場合、新しい記事を更新してSearch Consoleからサイトマップを送信すると、数分〜数時間以内に検索エンジンにインデックスされます。

記事を更新したらサイトマップを送信してくださいね。

Fetch as Google でインデックスに送信

Fetch as Google でURLをインデックスに送信することも可能ですが、1日に送信できるURLに制限があるので、緊急でクロールを促したい時に限って使用します。
新規の記事を更新した場合は、Fetch as Googleではなくサイトマップの送信を行います。

Fetch as Googleは、Googlebotがサイトにきちんとアクセスできているかどうかを確認したり、ページのレンダリング方法などを確認する時に使った方が効果的だと思います。

第三者が管理するサイトの場合は?

第三者が管理するサイトの場合、所有者に依頼して、Search Consoleにユーザーとして追加してもらいます。

権限を委任されれば、第三者のサイトであっても、サイトマップの送信やFetch as Google が可能になります。

ユーザー、所有者、権限の管理

アメブロ・はてなブログなどのブログサービスは?

アメブロ・はてなブログなどのブログサービスはどうなるのでしょうか?

Search Consoleに登録すれば、URLを送信することが可能です。ただしブログサービスによっては、Search Consoleに追加できなかったり、追加できても機能制限があったりしますのでご注意ください。

アメブロ

アメブロをSearch Consoleに登録してください。

ブログをSearch Consoleに登録する

アメブロはサイトマップの追加ができないので、Fetch as Google を使ってURLをリクエストします。

はてなブログ

はてなブログはSearch Consoleに登録すれば、サイトマップの送信ができますので、サイトマップからURLのリクエストをしてください。

はてなブログはFetch as Google も利用できますので、緊急時のクロールにも対応しています。

まとめ

以上のように、Search Consoleの仕様変更により、Search Consoleに登録してないサイトは、URLをGoogleのインデックスに送信できなくなりました。

今後、URLをGoogleのインデックスに送信するには、Search Consoleの「サイトマップを送信」からURLをインデックスに送信してください。
Search Consoleにサイトを登録していない方は、すぐにでも登録することを強くオススメします。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク