【iOS11.4 / macOS10.13.5】iMessageやSMSのメッセージをiCloudに保存する方法

iOS11.4とmacOS10.13.5から、「iCloudにメッセージを保管」を有効にすることで、iMessageやSMSのメッセージをiCloudに保存できるようになりました。

iCloudに保存されたメッセージは、同じApple IDでサインインしているiPhone・Mac・iPadならば、それぞれの端末で同期します。

わかりやすく説明すると、iPhoneのメッセージアプリと、MacのメッセージアプリがiCloudで同期するとお考えください。iPhoneで送受信したSMS、Macで送受信したiMessageが、それぞれの端末で同期できるのです。

iPhoneで送受信したSMSがMacで確認できる

iPhoneで送受信したSMSがMacで確認できる

「iCloudにメッセージを保管」について、Appleのサポートページには次のように記載されています。

iCloudにメッセージを保管

  • メッセージ、写真、およびその他の添付ファイルをiCloudに保管し、デバイスの空き容量を増やすことが可能
  • 新規デバイスに同じiMessageアカウントでサインインすれば今までのメッセージを新規デバイスですべて見ることが可能
  • メッセージやチャットを削除すると、どのデバイスからも同時に削除

ということで今日のエントリーは、iMessageやSMSをiCloudに保存する方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

iMessageやSMSをiCloudに保存する方法

それぞれの端末で、「iCloudにメッセージを保管」を有効にすればOKです。やり方は後述します。

iCloudにメッセージを保存するための条件

iCloudにメッセージを保存するためには、次の条件が必須です。

  • Apple IDの2段階認証をオンにする
  • 同期する端末は、同じApple IDでサインインする
  • iPhoneはiOS11.4へアップデートし、MacはmacOS10.13.5へアップデートする

iPhoneで「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順

iPhoneで「iCloudにメッセージを保管」を有効にするには、iOS11.4にアップデートしてから以下の操作を行い、「iCloudにメッセージを保管」を有効にしてください。

  • 設定→Apple ID→iCloud→メッセージ→オンに

iPhoneで「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順

「iCloudにメッセージを保管」はiOS11.4からの機能ですので、アップデートしなければ利用できませんのでご注意くださいね。

iPhoneのメッセージをiCloudと同期するには?

iPhoneで「iCloudにメッセージを保管」を有効にした後、iPhoneを電源とWi-Fiに繋いだ状態で、メッセージアプリを立ち上げれば、iPhoneで送受信したメッセージがiCloudと同期されます。

Macで「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順

Macで送受信したメッセージをiCloudに同期するには、Macでも「iCloudにメッセージを保管」を有効にします。

Macでメッセージアプリを開きます。

  • メッセージアプリ→環境設定→「iCloudにメッセージを保管」にチェックを入れる

Macで「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順

MacのメッセージをiCloudに同期するには?

Macで「iCloudにメッセージを保管」を有効にした後、「今すぐ同期」ボタンをクリックすれば、Macで送受信したメッセージがiCloudと同期されます。

iMessageをiCloudに同期する方法

「iCloudにメッセージを保管」を無効にするには?

iCloudにiMessageを同期する必要がなくなったのであれば、「iCloudにメッセージを保管」を無効にすることも可能です。

iPhoneの場合

  • 設定→Apple ID→iCloud→メッセージ→オフに

Macの場合

  • メッセージアプリ→環境設定→「iCloudにメッセージを保管」のチェックを外す

iPhoneとMacで「iCloudにメッセージを保管」を有効にすると、iMessageとSMSのメッセージが全て同期する

上記の設定を行い、iPhoneとMacで「iCloudにメッセージを保管」を有効にすると、それぞれの端末でメッセージアプリが同期します。

iMessageとSMSのメッセージが全て同期されて、すごく便利になるのでオススメです。

iMessageが同期

今までiMessageで送受信したメッセージは、複数のiPhoneやMacを使っている場合、端末間の同期は非常に不安定でした。
同期するメッセージもあれば、同期しないメッセージもあるという感じでしたからね。

また、機種変更したり、端末の初期化を行うと、古いメッセージは消えてしまうこともありました。「iCloudにメッセージを保管」を有効にすれば、メッセージをiCloudに保存できるようになりますので、古いメッセージも履歴として残るし、異なる端末間でメッセージの同期も可能となり、便利になることは間違いなさそうです。

SMSが同期

SMSが同期するので、iPhoneで送受信したSMSを、Macのメッセージアプリで見ることができるようになります。

今までは、AndroidやガラケーとSMSをやり取りした場合、SMSを見れるのはiPhoneだけでしたよね?MacからSMSのメッセージを見ることはできませんでしたが、これからはMacのメッセージアプリでSMSを確認できるようになります。

iPhone同士でSMSを送受信する場合は、自動的にiMessageでメッセージが送信されるので、今までもMacのメッセージアプリでメッセージを確認することができたんだけどね。

さいごに

以上、iPhoneとMacで「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順でした。

「iCloudにメッセージを保管」を有効にする手順は、iOSはiCloudの設定から変更するのに対して、Macはメッセージアプリの環境設定で変更します。バラバラなので分かりにくいかもしれませんね。

今回紹介した手順に沿って「iCloudにメッセージを保管」を有効にすれば、メッセージがiCloudに保存されて、確実にiPhoneとMacでiMessageとSMSのメッセージが同期されますので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク