光コラボレーションが始まって、「フレッツ光」のシェアは上がったのか?

光コラボレーションの営業電話ってウザくないですか?
しかもNTT東日本を装って電話してくるから、たちが悪いよね。

そして、彼らの営業トークはワンパターンです。

フレッツ光をお使いなら、工事不要で今より月額利用料金が安くなります

わたくしは、光コラボレーションについての仕組みを知っているので、こういう営業電話に引っかかりませんが、高齢者はNTT東日本だと思って契約しちゃう模様です。

今日のエントリーは、光コラボレーションが始まって、「フレッツ光」のシェアは上がったのかについてです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

光コラボレーションとは

ご存じの方も多いと思いますが、簡単に説明します。

NTT東日本・NTT西日本が直接ユーザーに提供しているフレッツ光を、他の事業者に転用することで、事業者がユーザーに直接フレッツ光を提供するサービスです。

2015年2月から始まりました。

フレッツ光から光コラボレーションへ移行することを転用と言います。転用には、工事不要でできるので、コラボレーションを提供する事業者は、現在500社を超えるようになりました。その代わりトラブルも多いんだけどね。

工事不要の転用なので、フレッツ光の品質や速度は変わらないという建前ですが、実態はネットの速度は遅くなる模様。また、故障などのサポートも、事業者が間に入るので、対応は遅くなります。

光コラボレーションのデメリット

光コラボレーションのデメリットは山ほどあります。

  • フレッツ光より、インターネットの速度が遅くなる
  • ひかり電話の電話番号は、光コラボレーションを解約すると、使えなくなる
  • 一度転用すると、フレッツ光に戻すには、工事費用が発生する

フレッツ光のシェアは増えたのか?

光コラボレーションが始まってから、フレッツ光のシェアが増えたのかどうか見ていきます。

フレッツ光の契約者数

2014年〜2016年のフレッツ光の契約者数です。NTTによる2016年3月期決算資料の数字です。

フレッツ光の契約者数

フレッツ光のみ

  • 2014年6月・・・1831.9万件
  • 2014年9月・・・1845.5万件
  • 2014年12月・・・1861.7万件

光コラボレーションが始まる

  • 2015年3月・・・1871.6万件(光コラボレーションの件数27万件)
  • 2015年6月・・・1895.1万件(光コラボレーションの件数132.2万件)
  • 2015年9月・・・1903.6万件(光コラボレーションの件数234.8万件)
  • 2015年12月・・・1915.7万件(光コラボレーションの件数347.8万件)
  • 2016年3月・・・1925.9万件(光コラボレーションの件数469.1万件)

光コラボレーションが始まったのは2015年2月からなので、開始直後の2015年3月と、1年後の2016年3月を比較します。

  • フレッツ光の契約者数の増減・・・54.3万件増
  • 光コラボレーションの契約者数の増・・442.7万件増

光コラボレーションは、フレッツ光から転用しているのが大部分

フレッツ光は54.3万件しか増えていないのに、光コラボレーションが442.7万件増えているということが意味するものは、光コラボレーションはフレッツ光から転用しているのが大部分という事実です。

NTT東日本ってバカなの?

NTT東日本のサイトを見ると、目を疑うようなお知らせが出てきました。

「光コラボレーションモデル」における光アクセスサービスの500万契約突破について

NTT東日本が提供する「光コラボレーションモデル」の光アクセスサービス(コラボ光)契約数が2017年1月29日に500万を突破いたしました。2015年2月1日の提供開始から、約2年での500万契約突破となります。

「光コラボレーションモデル」は、現在430社を超える事業者さまにご活用いただいております。

今後も様々な業種の事業者さまとのコラボレーションにより、あらゆる分野でのICTの利活用促進に貢献し、当社だけではカバーしきれなかったお客さまに対しても広く付加価値を提供していくよう努めてまいります。

まるで光コラボレーションの事業を開始してから、フレッツ光のシェアが広がっている可能なことを言ってます。でもね、実態は、フレッツ光の契約者が転用しているのが大部分なんだよね。

430社あるっていうけど、ほとんど聞いたことない会社

光コラボレーションモデル事業者は430社以上あるようだけど、ほとんどの会社は聞いたこともない会社です。

聞いたことある会社なんて20社もないはず。有名なところは、ドコモ光、ソフトバンク光、TSUTAYA光、ASAHINET光、BBexcite光、So-net光、@nifty光、OCN光、ぷらら光、BIGLOBE光、IIJmio光かな?

それ以外の会社が全部スパムとは思わないけど、スパムも相当数混じっていると思いますよ。だからトラブルも多いんだよね。

まとめ

今まで数字で見てきたように、光コラボレーションが始まったけど、「フレッツ光」のシェアは、ほとんど上がってないんだよね。

光コラボレーションの契約件数は増えているけど、フレッツ光の契約者が転用しているだけですから。

こんな意味のないことするなら、フレッツ光の利用料金を安くするとか、他にやることあると思いませんか?

インターネットの本質は中抜きを許さないってことなのに、中抜きの光コラボレーション事業者を儲けさせるのはイミフ。

フレッツ光のシェアが増えているわけではないし、トラブルもよく聞くので、光コラボレーションはなくすべきだと思います。

昨日のエントリーでは、光コラボレーションが始まって2年ちょっと経過したのに、フレッツ光のシェアがほとんど上がっていない事実について、数字を元...
みなさま、自宅のインターネット環境はどんなものをお使いですか? わたくしは「フレッツ光」を使っていますが、料金を見直そうと思って、「光...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク