日本のローカルSEO (MEO) ガイドを公開しました。

オンラインストレージでIDとパスワードが流出したらダメでしょ・・

インターネット セキュリティー テクノロジー
執筆者
伊藤亜津佐

このサイトでは、SEO・Googleマイビジネス・ローカル検索など、Web集客に関する最新情報を配信しています。

Dropboxが、2012年にIDとパスワードが流出していたようです。

オンラインストレージで、IDとパスワードが流出するというのは、ちょっと怖いですよね?

Dropboxを使っている方は、今すぐにパスワードを変更して、必ず2段階認証をかけてください。

Dropboxでの2段階認証の設定方法は後述します。

スポンサーリンク

オンラインストレージは何が便利なのか?

オンラインストレージを一度使ったら、なかなか手放すことが難しくなるツールです。

Dropbox

特に便利だなと感じているのは、以下の2点です。

  • バックアップが不要
  • 複数のデバイスでデータの同期が可能

バックアップが不要

オンラインストレージにデータを上げておけば、万が一PCからデータが消えてしまっても安心です。オンラインストレージからデータを再度ダウンロードすればいいだけなので。

万が一、ローカルで消去したファイルと、オンラインストレージ上のデータが同期してしまい、オンラインストレージ上のデータが消えてしまった場合でもデータは復元可能です。

Dropboxは30日以内、Googleドライブは25日以内ならば、消去したオンラインストレージ上のデータを復元できます。

手動のバックアップはやめるべし

今時、外付けハードディスクやNASにバックアップすることは、オススメしません。

PCと外付けハードディスクの間で、バックアップにタイムラグが出てしまいます。PCが壊れてしまい、大事なデータのバックアップをしてないという事態が必ず発生します。

複数のデバイスでデータの同期が可能

もう1点、クラウドストレージを使っていて便利だなと思うのは、「事務所の母艦であるiMac」と「外出先で使うMacBook Pro」でデータの同期ができることです。

Dropbox、Googleドライブなどのオンラインストレージでは、Windows用・Mac用のアプリを使うことで、PC内部のローカルのデータと、クラウドのデータを同期することが可能です。

Chromebook を使うならGoogleドライブが便利

最近、外出先には、MacBook Proではなく、「Chromebook Flip」を持って行くことが多くなりました。

Googleドライブ100GBが2年間無料!ASUS Chromebook Flip サブ機はこれで決定!
「海外SEO情報ブログ」を運営している鈴木謙一さんのTwitterで紹介され、すぐポチったASUS製Chromebook。 7/23に注文して、太平洋を渡り日本に7/28に到着しました。めちゃくちゃ早いです。 2日間使い倒したのでレ...

「Chromebook Flip」でオンラインストレージを使う場合、Googleドライブが圧倒的に便利です。ネットに繋がってさえいれば、Googleドライブ上のデータを「Chromebook Flip」で開くことが可能です。

オンラインストレージのセキュリティ

オンラインストレージが便利で、仕事の効率が上がるということは、今見てきたとおりです。

しかし「便利なこと」と「セキュリティの脆さ」は諸刃の剣ですよね?

IDとパスワードが流出したら?

オンラインストレージの場合、誰でも不正にログインが可能です。

特に事務所と外出先で同期して使っている場合、社外秘のようなデータもありますよね?IDとパスワードが流出したら、データは外部にだだ漏れです。

Dropboxなどのオンラインストレージを使う場合、絶対に2段階認証をかけてください。

Dropboxに2段階認証をかける

2段階認証とは、IDとパスワードでの認証の他に、スマホにセキュリティコードを送ることによって、本人以外の第三者の不正ログインを防ぐというものです。

Dropboxには2段階認証の機能が付いているので、絶対にかけましょう。

アカウントで 2 段階認証を有効にするには?

アプリ、SMSのどちらかで2段階認証を行います。

アプリ

アプリでコードを生成して認証します。

  • Google Authenticator
  • Microsoft Authenticator

個人的には、Microsoft Authenticatorを使うことをオススメします。

SMS

SMSでコードを受け取り認証します。

さいごに

Dropboxが、2012年にIDとパスワードが流出していた件についてお伝えしました。

Dropboxのサービスが開始された2010年頃、衝撃を受けたことを今でも覚えています。

複数間のデバイスで、データが同期できるサービスは他にありませんでした。テクノロジーの進歩とともに、Googleドライブ、iCloud Drive、One Drive、Amazon Driveなど大手プラットフォームでもサービスを開始しています。

2012年にIDとパスワードが流出してしまいましたが、今後このようなことがないようにサービスを運営していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました