成功するサイトリニューアル!!

昨日は、ホームページリース詐欺のお話をしました。新規にリニューアルするお話もよくありますので、今日は成功するリニューアルについてお話します。

一昔前の素人の方でも扱えたhtml + cssと違って、最近はjQuery、JavaScript等のプログラミング言語や、CSS3、HTML5が進化してきており、ウェブの世界は日進月歩で技術が進んでおります。なので、5年前に作ったサイトでも、新しいサイトと比べると古い感じがしてしまいます。

CMSサイトサイトのリニューアル

WordPressやJoomlaといったCMSサイト(コンテンツマネジメントシステム)なら、テンプレートを変えれば、すぐにデザインを新しくすることは可能です。

デザインをおしゃれにすれば、アクセスも増えると考えがちですが、デザインだけを変更しても、今まで売れなかったサイトがいきなり売れるようになることはありません

おしゃれな今風なサイトへ新しくリニューアル → 一気にアクセスが来る → 商品がバカ売れ

残念ながら、こういう構図にはならないということです。

サイト制作にも変化が!!

スマートフォンが出てきてからは、サイトの作り方も変化がありました。
Googleがレスポンシブサイトを推奨していることもあって、例えば、段組レイアウトは、floatを使わないCSSで段組を作るケースが多くなりました。

GoogleモバイルSEO

CSSを使った段組レイアウトはこちらの記事が詳しいです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/448525/

2015-6-13mobile

成功するリニューアル

サイトのリニューアルのお話をいただく時は、当社以外で制作したサイトのリニューアルがほとんどです。

その際いつも確認することは、リニューアル後、ブログという形で毎日コンテンツを増やさない限り、アクセス増にはなりませんということを最初に伝えます。

例えば、ジュエリーを扱っているクライアントには、ジュエリーのデザインや宝石や地金に対する熱い思いを、毎日ブログを書いてもらいます。

ブログに綴ってコンテンツを増やしていくという前提がないと、アクセス増にはならないからです。これもただ書けばいいということではなく、ルールに則って書く必要がありますが。

それをやってサイトへのアクセスが増えても、今度はそこから、商品の販売につなげていくための工夫も必要です。

なので、リニューアルのお話があった時は、商品やサービスを売りたいというクライアントの強い意志を確認した上で、集客部分の設計に入ります。

ブログの書き方に始まって、ソーシャルをどのように回していくかといったことをしっかりと構築して、アクセスを増やす仕組みを作ります。そして、サイト制作に関してもUIやUXをしっかりと考えて進めていきます。

UIとUXの違いはこちらのブログが詳しいです。
http://blog.excite.co.jp/spdesign/19566265/

リニューアル後、1年間で売上5倍のケースも!!

クライアントがお尻に火がついてる状態で、「どんなことをやっても売上を伸ばすんだ。自社の製品をやサービスを世に広めたい」という強い意思があり、当社のコンサルティングとうまくマッチングすれば、1年間で、売上5倍に増加したというクライアントもいます。

サイトリニューアルとは、こんな感じなので、クライアントが全力でやったるでーというのがないと、絶対に成功することはないのです。

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!