Search Regexの使い方

WordPressで記事を書いていると、過去に書いた記事の文字列を、まとめて修正したいケースがありますよね?

例えば、会社名や商品名を変更したい場合や、内部リンクをまとめて修正したい場合、過去の記事を1件づつ検索して修正するというのは、気が遠くなります。また、効率も悪すぎます。

そんな時は、Search Regexを使いましょう。記事の文字列が一括置換できるのです。

今日のエントリーは、Search Regexの使い方についてお話します。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

Search Regexとは

Search Regexとは、過去に投稿したWordPress内の文字列を、一括置換できるプラグインです。

修正前の文字列と、修正後の文字列を入力するだけで、自動で一括置換してくれます。Search Regexは、以下のようなケースで使うと便利です。

  • 記事の文字列を一括置換
  • 記事内のURLを一括置換
  • アフィリエイトコードの一括置換
  • HTMLコードの一括置換

Search Regexのインストール方法

Search Regexプラグインをインストールします。WordPressの管理画面からプラグインを検索してインストールしてください。

インストールしたら、有効化します。

Search Regexを使う際の注意点

Search Regexを使うと、データベースを書き換えることになります。必ずデータベースのバックアップを取ってから、Search Regexは使ってくださいね。

データベースのバックアップの方法は、契約しているレンタルサーバーで確認してください。

Search Regexの初期設定

Search Regexの初期設定の方法を紹介します。

WordPressの管理画面より「ツール」→「Search Regex」と進んでください。

Search Regex

以下の項目を設定します。

  • Source
  • Limit to
  • Order By
  • Search pattern
  • Replace pattern

Source

一括置換する対象を選択します。

  • Comment author・・・コメントした投稿者の名前
  • Comment author email・・・コメントした投稿者のメルアド
  • Comment author URL・・・コメントした投稿者のウェブサイトURL
  • Comment content・・・コメントの内容
  • Post content・・・記事本文
  • Post excerpt・・・記事抜粋
  • Post meta value・・・記事のカスタムフィールド
  • Post title・・・記事タイトル
  • Post URL・・・記事URL

Search Regex

デフォルトでは、Post contentになっています。記事本文を修正するならば、Post contentのままで大丈夫です。

Limit to

1回で実行する処理数の上限を設定します。

「No limit」を選択します。

Search Regex

Order By

WordPressでは、記事にIDが自動で割り振られます。記事の並び順を、Ascednding(昇順)にするか、Desending(降順)にするかの違いなので、どちらでも構いません。

Search pattern

置換したい文字列を入力します。

Replace pattern

置換する文字列を入力します。

Search Regexで置換を実行

では、Search Regexで置換を実行していきます。

「スマホ」を「スマートフォン」に一括置換

記事の中の「スマホ」を「スマートフォン」に一括置換します。

Search patternとReplace patternに文字列を入力して、Searchボタンをクリックします。

  • Search pattern・・・「スマホ」と入力
  • Replace pattern・・・「スマートフォン」と入力

Search Regex 置換

Searchボタン

Searchボタンをクリックすると、Search patternに入力した文字列を含む記事が、一覧で表示されます。

Search Regex

Replaceボタン

Search patternに入力した文字列を含む記事が一覧で表示された状態で、Replaceボタンをクリックすると、置換前と置換後の両方が表示されます。置換に誤りがないか、1件づつ確認してください。
この時点では、まだ置換は実行されていません。

Search Regex

Replace & Saveボタン

置換に誤りがなければ、Replace & Saveボタンを押して、置換を実行します。以下の画面が表示されます。

Search Regex

置換を実行すると、元に戻すことはできません。データベースを書き換えることになりますので、データベースのバックアップは必ず取ることをオススメします。

「http」を「https」に一括置換

次は、記事の中の「http」を「https」に一括置換します。

Search patternとReplace patternに文字列を入力して、Searchボタンをクリックします。

  • Search pattern・・・「http」と入力
  • Replace pattern・・・「https」と入力

Search Regex 置換

Searchボタン

Searchボタンをクリックします。

Search pattern

Replaceボタン

Replaceボタンをクリックします。この段階では、まだ置換は実行されていません。

Replace pattern

Replace & Saveボタン

置換に誤りがなければ、Replace & Saveボタンを押して、置換を実行してください。

Search Regex

まとめ

以上が、Search Regexの使い方です。

一括置換ができるので、効率よく過去の記事の修正ができます。便利なプラグインなので、過去の記事を修正する際に使ってください。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク