Android 8.0 Oreo にアップデートしてみた!

2017年8月21日、Android 8.0 Oreo がリリースされました。

まさに皆既日食がアメリカ大陸を横断中ということで、回帰日食から生まれてきたって感じです。IT界隈の人は、皆既日食とかバーニングマンとか好きな人多いよね〜w

で、わたくしのNexus 5Xにも、Android 8.0 Oreo が降りてきましたので、早速インストールしてみました。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

いち早く、Android 8.0 Oreo をインストールするなら、Android Beta Programに登録すべし!

一刻も早くAndroid 8.0 Oreo をインストールするには、Android Beta Programに登録してください。

Android Beta Program

Googleアカウントでログインすると、登録可能な端末が表示されるので、端末を登録しましょう。
端末を登録できれば、すぐにでもAndroid 8.0 Oreo をインストールすることが可能です。

  • 設定 > 端末情報 > システムアップデート

Android 8.0 Oreo

↓注意点

このプログラムへの登録はいつでも解除することができるため、必要に応じて、動作が安定している正式版 Android に戻すことができます。注: ベータ版 Android を実行中に端末の登録を解除すると、端末上のユーザーデータがすべて消去されます。

Android Beta Programに登録すると、Beta版のアップデートが降りてくることになりますので(たぶん)、端末のバックアップは事前に取ることをオススメします。

実際のところ、わたくしの端末でOSを確認すると、Beta版のAndroid 8.0 Oreo という表記は一切ないんだよね。なので、今インストールしたAndroid 8.0 Oreo がBeta版なのか、正規版なのかは分かりません。

Appleだと、必ずベータ版の表記があるので、分かりやすいんだけどね。

Android 8.0 Oreo

端末のバックアップ

Androidの場合、端末のバックアップが、Googleドライブにアップロードされているので、個別のバックアップは不要だと思います。

個別にバックアップを取ってないと不安という方は、Googleフォト、連絡先、その他のデータがクラウドと同期しているかどうか確認してください。クラウドと同期していれば、バックアップは不要です。

Nexus 5Xでもサクサク動くAndroid 8.0 Oreo

わたくしのNexus 5Xは、動きが激重だったんだよね。OSのバージョンは、Android 7.1.2 Nougatでした。

で、Android 8.0 Oreoへ上書きアップデートすることで、更に動作が重くなると予想していました。

予想に反して、インストール後、Nexus 5Xの動作は意外と快適です。ほとんどのアプリは今までより、若干快適な感じです。アプリによっては、カクつくこともあるんだけどね・・

まあ近いうちクリーンインストールでもやりますわ。

Android 8.0 Oreo の新機能

それでは、Android 8.0 Oreo の新機能を見ていきましょう。

  • Pixel、起動時間の速度が2倍早い
  • アプリのバックグラウンドアクティビティを最小限に
  • Smart Text Selection
  • オートフィル
  • ピクチャーインピクチャー
  • Androidインスタントアプリ
  • Wi-Fi Assistant
  • 設定のUIが大幅に変更

Pixel、起動時間の速度が2倍早い

Pixelでは、起動時間の速度が2倍早い模様です。Nexus 5Xの起動速度もかなり早くなっていました。再起動の時間も大幅に短縮されたので、今後、気軽に再起動ができそうです。

iOSと比較すると、Android 7.0 Nougatまでの起動時間が遅すぎたってこともあるけどね。

アプリのバックグラウンドアクティビティを最小限に

バッテリーの持続時間が長くなるってことだよね?Nexus 5Xは、データ通信SIMで使っているにも関わらず、バッテリーは1日持たなかったので、どうなるか楽しみです。

Smart Text Selection

Nexus 5Xで不満だったのは、タップした際の、テキスト選択の操作性が悪かったことです。思い通りに単語を選択できなかったんだよね。

Android 8.0 Oreoに搭載されたSmart Text Selectionを色々と試してみましたが、かなり操作性は上がりました。タップして思い通りに単語が選択できますからね。

iOS並に使い勝手は良くなりましたね。

オートフィル

Chromeが自動保存しているログイン時のIDやパスワードが、アプリでも使えるようになります。
これはメチャ便利だよね。アプリのログインが高速になります。

わたくしの場合、パスワードはウェブサービス毎に全部変更しているので、アプリでIDとパスワードを求められると、毎回、Chromeの設定から保存したパスワードをコピペしないといけませんでしたからね。

1Passwordは完全に死んだよね。

ピクチャーインピクチャー

一度の2つのアプリを同時に見ることが可能になります。例えば、YouTubeを小窓で再生しながら、他のアプリを操作することができるようになるのです。

Androidインスタントアプリ

インストール不要で、アプリが使えるようになります。
Instant Appsってことなのかな?

Android Instant Apps

Wi-Fi Assistant

わたくしが気になった機能は、Wi-Fi Assistantです。
高品質のオープンなWi-Fiがどのようなものを指すのかが分かりませんが、外出先のWi-Fiで、自動でVPNに繋がるというのはいいですね。

Auto-connects you to high quality open WiFi and secures your connection with a VPN back to Google.

高品質のオープンなWi-Fiに自動的に接続し、VPNとの接続をGoogleに確保してGoogleに戻します。

設定のUIが大きく変更

設定のUIが大きく変更となりました。

Android 8.0 Oreo 対象機種

Googleからリリースされている以下の端末は、近いうちにAndroid 8.0 Oreo のアップデートが降りてくることになっています。
以下の端末ならば、Android Beta Programに登録すれば、すぐにでもAndroid 8.0 Oreo が使えるはずです。

  • Pixel
  • Pixle XL
  • Nexus 5X
  • Nexus 6P
  • Nexus Player
  • Pixel C

まとめ

Android 8.0 Oreo へアップデートできる端末をお持ちの方は、アップデートをオススメします。マジで快適に使えますから。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!
スポンサーリンク