LINEモバイルがマスを狙ってきた!ビックカメラとヨドバシで即日MNPできる

LINEモバイル

今までネットからの申込みだけだったLINEモバイルが、いよいよ即日MNPが可能なカウンターを設置します。

まずは、ビックカメラ5店舗とヨドバシカメラ5店舗で始まります。
きっと店舗内に、LINEのロゴマークが掲げられるんだよね?
MVNOの中ではダントツの知名度なので、LINEのロゴマークに引き寄せられていくユーザーは多いはず。

初の即日受渡しカウンター開設!全国のビックカメラ・ヨドバシカメラ10店舗より開始します♪

3/15より、LINEモバイル初の即日受渡しカウンターを開設することになりました!
全国合計10店舗のビックカメラとヨドバシカメラから、まずはスタートいたします。
お客様からのお声の中でも多かった店舗展開がいよいよ始まります!

今までは、ウェブサイトからのお申し込みから実際にご利用できるようになるまでに2日〜数日かかっていましたが、お店に来ていただければ、当日中にLINEモバイルを開通&すぐにご利用いただけるようになります。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

ビックカメラとヨドバシカメラでABテストをするLINEモバイル!

即日MNPカウンター

今回、即日MNPカウンターは、ビックカメラ5店舗とヨドバシカメラ5店舗に設置されます。

ビックカメラとヨドバシカメラでABテストをするあたり、さすがLINEモバイルやね。

即日受渡しカウンター

即日受渡しカウンターでは、MNPの手続きや新規開通の手続きができます。今の段階では都心部の店舗だけって感じですね。

  • ビックカメラ 有楽町店
  • ビックカメラ ビックロ
  • ビックカメラ ラゾーナ川崎店
  • ビックカメラ 名古屋駅西店
  • ビックカメラ なんば店
  • ヨドバシカメラ 新宿西口本店
  • ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
  • ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
  • ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
  • ヨドバシカメラ マルチメディア梅田

今なら上記店舗に行くだけで、オリジナルスタンプが貰える模様。

Lineモバイル スタンプ

エントリーパッケージ

エントリーパッケージとは、16桁のエントリーコードが記載されている紙のパッケージです。

エントリーパッケージは、ネットでの開通手続きができる方への商品です。今まではAmazonだけで取扱いをしていました。今後は、ビックカメラとヨドバシカメラ58店舗での取扱いが可能になります。

近い将来、エントリーパッケージを販売している店舗でも、即日MNPカウンターを設置するようになるんだろうね。

IIJmioの戦略を真似るべし

MVNOの老舗であるIIJmioがシェア拡大のために取った戦略を見ていきましょう。

当初、IIJmioだってネットでパッケージを購入させて、手続きはネットからの申込みだけでした。でもね、申込の方法がネット申し込みだけの場合、ネットリテラシーが高い人しか使ってもらえません。

高齢者や主婦などの幅広い層にMVNOを使ってもらうには、即日MNPができるカウンターを設置して、申し込み手続きのハードルを下げないと申し込んでもらえないですからね。

IIJmioはシェア拡大にあたって、即日MNPカウンターを設置

IIJmioが、「みおふぉん」で音声通話のサービスを始めたときに取った戦略は、ビックカメラの中に、即日MNPカウンターを設置するというものでした。

データ通信SIMならば、使えない期間が多少あってもユーザーの文句はあまり出ません。音声通話の携帯は別に持っているわけだからね。でも音声通話SIMの場合、ネットで申し込んで使えない期間が3日間あるということになったら、誰も申し込んでくれません。

そこで、IIJmioは即日MNPカウンターを設置します。当初は、ビックカメラ有楽町店、ビックカメラ ビックロ、ビックカメラ ラゾーナ川崎店くらいだったような気がします。

その後、IIJmioはイオンやビックカメラ・ソフマップ・コジマと提携して、即日MNPカウンターの数をどんどん増やしていっています。

IIJmioは、実店舗でSIMカードの即日MNPが可能なシステムになっています。

BIC SIMカウンター

IIJmioの場合、都心部はビックカメラとソフマップで即日MNPが可能。
郊外はコジマの店舗で即即日MNPができる仕組みになっています。

BIC SIMカウンターは、176店舗で即日MNPに対応しています。

  • 北海道・・・3店舗
  • 東北・・・15店舗
  • 東京・・・43店舗
  • 関東・・・60店舗
  • 中部・・・20店舗
  • 近畿・・・18店舗
  • 中国・・・7店舗
  • 四国・・・0店舗
  • 九州・・・8店舗
  • 沖縄・・・2店舗

IIJmio SIM for イオン

イオンの211店舗で、即日MNPのカウンターが設置されています。

  • 北海道・・・21店舗
  • 東北・・・16店舗
  • 関東・・・60店舗
  • 中部・・・32店舗
  • 近畿・・・44店舗
  • 中国・・・8店舗
  • 四国・・・5店舗
  • 九州・・・21店舗
  • 沖縄・・・4店舗

LINEモバイルがシェアを拡大するにはどうする?

LINEモバイルがシェアを拡大するにはどうすればいいのでしょうか?

  • IIJmioの空白地帯を狙うべし
  • スマホのセットアップをやるべし

IIJmioの空白地帯を狙うべし

IIJmioで即日MNPできる店舗数は、BIC SIMカウンター176店舗・イオン211店舗あるので、合計387店舗です。

それに対してLINEモバイルが即日MNPできるカウンターはわずか10店舗です。

なので、IIJmioの空白地帯を狙っていきます。

「BIC SIMカウンター」は四国にはありません。中国、九州、沖縄も手薄な感じです。
「IIJmio SIM for イオン」も中国、四国、沖縄には、全然カウンターを設置していませんからね。

スマホのセットアップをやるべし

キャリアからMVNOに移行する最大の障壁は、スマホのサポートが店舗で受けられなくなることです。

スマホのメール設定や何か不具合があって動かなくなったときのサポートができない人は、サポートしてくれる店舗がないMVNOでは絶対に契約しません。

ネットリテラシーの高い人だけを相手にしているのならば、スマホのサポートは不要ですが、高齢者や主婦層といったネットリテラシーが低いユーザーがMVNOへ移行するには、絶対にサポートは必要です。

どんなサポートが必要なの?

  • 機種変更の際のLINEのデータ引き継ぎ
  • 機種変更の際のスマホの設定

今後のLINEモバイルの戦略は?

LINEはマスを狙っていくために、次の戦略を考えていることは違いないですね。
3月にはテレビCMもやるようですからね。

  1. エントリーパッケージのみの販売で、ネットリテラシーの高い層へアプローチ→2016年9月当初の戦略
  2. 都心部の店舗に即日MNPカウンターを設置して、都心部のネットリテラシーの低い層へアプローチ→今ここ
  3. 地方の店舗に即日MNPカウンターを設置して、地方のネットリテラシーの低い層へアプローチ→今後のマス戦略

地方のネットリテラシーの低い層を取り込むには、イオンとの提携はマストです。

さいごに

LINEモバイルのメリットをまとめておきます。

  • LINEの年齢認証が不要
  • カウントフリーならばSNSのデータ通信が無制限

LINEの年齢認証が不要

キャリアからMVNOに乗り換える際、一番問題になるのは、LINEの年齢認証です。乗り換える前に年齢認証しておけばいいんだけどね。

MVNOでLINEのID検索を可能にする!年齢認証を突破する!
LINEでは、未成年が犯罪に巻き込まれないようにという配慮から、一部の機能に年齢認証を設けています。 例えば、IDで友だちを検索して追...

カウントフリーならばSNSのデータ通信が無制限

カウントフリーのプランに申し込めば、SNSのデータ通信が無制限になります。
カウントフリーの対象のSNSは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramです。Instagramは容量を使うので、Instagramをよく使う人は、LINEモバイルが最適です。

今後、MVNOが大ブレイクする方法を考えてみた!
お正月に、MVNOが割安感があってコスパが高いというエントリーを書きました。 大手キャリアが5Gに移行したら状況は変わりますが、少なく...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!