レンタルサーバー「カゴヤ」の特徴!電話サポートがいい!

レンタルサーバーなんてどこも同じだと思っていました。ブログのアクセスが上がるにつれ、SEO対策や、サイトの表示速度などが気になるようになってきますよね。

ユーザーは、サクサク表示されないと離脱してしまいますから、表示速度というのは非常に重要なのです。

WordPressでサイト構築

WordPress等のCMSを運用するという前提でお話します。

安いレンタルサーバなら、ロリポップ250円、さくらインターネット500円くらいからあります。

基本的にサーバースペックは金額相応だと思って間違いないです。金額が安くてスペックが高いというのはまずありません。

この金額で手厚いサポートを求めるのは無理がありますよね。しっかりしたサポートを求めるのなら、もう少しコストはかかりますが、グレードの高いレンタルサーバーを選んだほうがいいです。

サーバーへのコスト

いくらサクサク快適に動けばユーザーからのアクセスが増えると言っても、無制限にお金をかけられるわけではありません。

月2000円くらいで快適に使えて、サポートもしっかりしているカゴヤをご紹介します。

カゴヤ

共用サーバーと専用サーバーの違い

共用サーバー

1台のサーバーに複数のサイトが入りますので、マンション型だと思って下さい。

高スペックなサーバーをみんなで共用します。人気のサイトが同居してたりすると、サイトの表示速度に影響が出ます。逆に、まわりがアクセスのないサイトだと、快適に使えます。

グレードがあがっても、ハードディスクが大きくなるだけで、アクセス制限などに大きな違いはないようです。

専用サーバー

1台のサーバーを一人で占有できます。一戸建ての賃貸をイメージしてください。

自分でサーバー管理者となり、サーバーOSのインストールからセキュリティーソフトを入れて運用するというのは、なかなかできる人とはいません。カゴヤでは、マネージドというサーバー会社で管理してくれるサービスがあります。

安いものもあるのですが、Wordpressを動かすには、PHPなどのプログラムを動かすので、そこそこの値段のプランでないと動かないです。目安は、月額9900円以上のプランということでした。

電話サポートの質

カゴヤ

サポートの方の技術レベルが、他社と比べてぶっちぎりで高いです。

平日10時から22時、土日も10時から18時まで電話がつながりますので安心です。

例えば、メール設定でエラーが出た際も、電話にて、アクセス状況を確認しながら、対応策を練ってくれますので、本当に安心なサポートです。

こちらの設定状況がサポートの方も分かるような仕組みになっているようで、かゆいところに手の届くサポートを期待するなら、カゴヤです。

Xserver

カゴヤほど高くありませんが、格安レンタルサーバーと比べると、安心して相談できます。
難易度の高い話になると、メールで質問してくださいということになります。

レンタルサーバーでチェックするポイント

転送量

アクセス多いサイトなら一番気にする必要があります。

カゴヤ

160GB/日[S20]

1日160万ページまで耐えられます。

Xserver

70GB/日[X10]

1日70万ページまで耐えられます。

自動バックアップ

カゴヤ

プランが2つあります。

「Lite」(無料)

最大10GBの容量でスケジュールを1つ登録して、1世代のバックアップがとれます。サイトかデータベースのどちらか一つ。

「Pro」(有料)

最大2TBの大容量で保存世代数の指定をして複数のスケジュールを登録できます。サイトとデータベースを両方バックアップが可能です。月540円かかります。

Xserver

サイトとデータベースを両方バックアップします。

バックアップデータの提供に費用がかかります。

  • サイトデータ 10800円
  • MySQLデータベース1つ 5400円

503エラーが出ない

色々原因はありますが、サイトが表示されなくなります。集客するサイトを目指すなら、絶対に避けたいエラーです。

原因

  • ウェブサイトに瞬間的に多数のアクセスがあり、サーバーが処理できない
  • サーバーのメンテナンス中
  • サーバの転送量を超過
  • 同一サーバ内の他のサイトへのアクセス集中
  • サーバーに負荷がかかる
サーバーに負荷がかかる

PCとスマートフォンでメールの同期ができる、IMAPメールでメール設定をする方が多いと思います。

同じドメインで10個くらいのメールアドレスを同一サーバーで運用する場合、メールサーバーに結構負荷がかかります。

10個のメールアドレスと言っても、PCとスマホで使うなら20個のメールアドレスから送受信ということになり、送受信のリクエストが重なると、503エラーが出ることがあります。

メールサーバーとウェブサーバーが分かれているサーバーを選べば、この問題はおきません。

ちなみに、POPで受信している場合は、サーバーへの負担はほとんどありません。

カゴヤ

メールサーバーとウェブサーバーが分かれています。

IMAP接続のメールアカウント数を気にする必要はなさそうです。

Xserver

メールサーバーとウェブサーバーが分かれていません。

IMAP接続のメールアカウントが多いと、サーバーが落ちることもあります。

サイトの表示速度

これ重要です。Googleの検索エンジンからの評価も、表示速度のアルゴリズムは存在します。

SEOチェキ!でのページ読込時間を見てみます。わたしのWordpressのサイトです。

共用サーバーなので、一緒に入っている人のアクセスがバズったりすると遅くなることもありますが、テストした限りでは、どの時間もそんなに変わりませんでした。

どちらも早いです。

カゴヤ

0.2〜0.3秒

Xserver

0.2〜0.3秒

明日から海外旅行へ行くので、10/12までブログをお休みします。

10/13から再開しますのでどうぞよろしくお願いします!

フォローする

Instagram

▼このエントリーが役に立ったらいいね!
▼このエントリーが役に立ったらいいね!