G Suiteで「AMP for Email」を有効にする方法

G Suiteで「AMP for Email」を有効にする

G Suiteで「AMP for Email」を有効にする方法を紹介します。

無料のGoogleアカウントの場合、Gmailの設定画面で「動的メールを有効にする」にチェックを入れれば、「AMP for Email」は有効になります。
ところがG Suiteの場合、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」の項目がデフォルトだと表示されません。

以下のような手順を取れば、G Suiteで「AMP for Email」を有効にすることができます。

  1. G Suite管理コンソールの設定を変更して、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」を登場する
  2. Gmailの設定から「AMP for Email」を有効にする
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

G Suite管理コンソールの設定を変更して、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」を表示する

G Suite管理コンソールの設定を変更して、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」を表示します。

以下の手順となります。

1. G Suite管理コンソールにアクセス

G Suite管理コンソールにアクセスします。

2. 管理コンソールで、動的メールを有効にする

管理コンソールで、動的メールを有効にするには以下の手順を行います。

①管理コンソールで「アプリ」をクリック

G Suite 「AMP for Email」管理コンソールで、動的メールを有効にする

②「G Suite」をクリック

「AMP for Email」「G Suite」をクリック

③「Gmail」をクリック

G Suite 「AMP for Email」「Gmail」をクリック

④「ユーザー設定」をクリック

G Suite 「AMP for Email」「ユーザー設定」をクリック

⑤「動的メールを有効にする」をクリック

G Suite 「AMP for Email」「動的メールを有効にする」をクリック

⑥「動的メールを有効にする」にチェックを入れて「保存」をクリックする

G Suite 「AMP for Email」「動的メールを有効にする」にチェックを入れて「保存」をクリック

⑦「動的メールを有効にする」がオンになる

G Suite 「AMP for Email」「動的メールを有効にする」がオンになる

G Suite管理コンソールで「動的メールを有効にする」がオンになりました。

3. Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」の項目が表示される

Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」の項目が表示されます。

G Suite管理コンソールの設定を変更して、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」を表示する

ちなみに、上記の設定を行っても、Gmailの設定に「動的メールを有効にする」が表示されるには、数時間〜24時間程度の時間がかかります。ちなみに僕の環境では、4時間程度でGmailの設定に「動的メールを有効にする」が表示されました。

Gmailの設定から「AMP for Email」を有効にする

次に、Gmailの設定から「AMP for Email」を有効にします。以下の3つを設定すればOKです。

  1. 「動的メールを有効にする」にチェックを入れる
  2. 「メッセージ内の画像」にチェックを入れる
  3. 「送信元のメールアドレスを登録」

1. 「動的メールを有効にする」にチェックを入れる

Gmailの設定に「動的メールを有効にする」が表示されていると思いますので、「動的メールを有効にする」にチェックを入れます。デフォルトの状態でチェックが入っていますが、もし入っていなければチェックを入れます。

「動的メールを有効する」のチェックを入れる

2. 「外部画像を常に表示する」にチェックを入れる

「外部画像を常に表示する」にもチェックを入れます。こちらもデフォルトでチェックが入っていますが、入っていない場合はチェックを入れてください。

「外部画像を常に表示する」にチェックを入れる

3. 「送信元のメールアドレスを登録

「AMP for Email」の送信元をホワイトリストに登録します。

「AMP for Email」を受信するには、事前にGmailの設定で送信元のメールアドレスを登録しなければなりません。
登録しないと、メールを送信しても、以下のようなエラーが出て「AMP for Email」形式のメールを受信できません。

AMP for Email はホワイトリストに入れないとGmailで受信できない

次のように「AMP for Email」の送信元をホワイトリストに登録します。

①「動的メールの作成」をクリック
②「送信元のメールアドレス」に登録

AMP for Email ホワイトリストに追加する

今回ホワイトリストとして「送信元のメールアドレス」に追加したのは、以下のメールアドレスになります。このメールアドレスを登録することで、「Gmail AMP for Email Playground」から送信したデモ版の「AMP for Email」を受信できるようになります。

  • amp@gmail.dev

「Gmail AMP for Email Playground」からデモ版の「AMP for Email」を送信する

「Gmail AMP for Email Playground」からデモ版の「AMP for Email」を送信する方法は、以下の手順となります。

  1. Gmail AMP for Email Playground」にアクセス
  2. 右上のExamplesからデモを選択
  3. 「SEND」をクリックして「AMP for Email」を送信

詳しいやり方については、以前のエントリーに書きましたので参考にしてください。

2019年3月に AMP for Email がリリースされました。 早速、Gmailに「AMP for Email」を表示し...

さいごに

以上、G Suiteで「AMP for Email」を有効にする方法を紹介しました。

G Suiteのデフォルト設定では、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」の項目が表示されません。以下のように設定すると、G Suiteで「AMP for Email」が有効になり、「AMP for Email」形式のメールが受信できるようになります。

  1. G Suite管理コンソールの設定を変更して、Gmailの設定画面に「動的メールを有効にする」の項目を登場させる
  2. Gmailの設定から「AMP for Email」を有効にする
スポンサーリンク
レクダンクル(大)

フォローする

スポンサーリンク
この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクダンクル(大)