Appleが32bitアプリをサポートしなくなる件!macOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSだってさ

macOS Mojave

AppleはWWDC2018で、macOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSになると発表しました。

2019年9月に登場するOSからは64bitのアプリしかサポートされなくなります。
なので32bitアプリを使っている方は、早めに64bitアプリへ移行しておくことをオススメします。猶予はあと1年3ヶ月です。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

macOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOS

macOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSとなります。

といっても32bitアプリがサポートされなくなるまで、あと1年3ヶ月あります。実は今年に入ってからAppleは、macOSが32bitアプリのサポート終了に向けてアナウンスを始めています。

macOSが32bitaアプリのサポートを終了するためのアナウンスを時系列でまとめてみる

  • 2018年1月・・・Mac版のApp Storeでは32bitアプリの登録ができなくなりました。
  • 2018年4月12日・・・macOSで32bitアプリを起動すると「アプリケーションが最適化されていません」と警告が表示が出るようになりました。
  • 2018年6月・・・既存アプリや既存アプリのアップデートは、64bitaアプリでないとMac版のApp Storeに提出できなくなります。
  • 2018年9月・・・同月にリリース予定のmacOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSとなります。
  • 2019年9月・・・2019年9月にリリースされるmacOSより32bitアプリのサポートは終了。

32bitアプリかどうかを確認する方法

32bitアプリは起動がめちゃ遅いので、アプリを立ち上げれば大体分かります。

目視で確認したい方は、次の方法でお使いのアプリが32bitなのか64bitなのか確認することが可能です。

  1. 画面左上のリンゴマークをクリック→「このMacについて」をクリック
  2. システムレポートをクリック
  3. 左にあるメニューの中の「アプリケーション」をクリック

macOS High Sierraで32bitアプリはあるのか?

macOS High Sierraで32bitアプリは何があるのか見ていきます。

Apple純正 アプリ

  • DVDプレーヤー・・・AppleがメディアのDVDをmacOSで再生することに力を入れるとは思えないので、2019年9月にリリース予定のmacOSでは、DVDプレーヤーは廃止されるだろうね。
  • QuickTime Player 7・・・これも廃止されるはず。

DVDプレーヤーは32bit

僕の環境でインストールしていた32bitアプリ

  • FileMaker Pro Advanced 13・・・簡単にデータベースを構築できるアプリケーションでよく使っているんだけど、2013年のアプリなので買い替えが必要になりそう。
  • Adobe Illustrator CS5・・・Adobe公式ではとっくにサポートが終了していますが、あの手この手で最新のmacOSにインストールして使っていましたが、使えなくなりそうですね。これに対してPhotoshop CS5は64bitなんだけど、2019年9月以降のmacOSで使えるのかどうかは謎。

Photoshop CS5は64bit

なぜ、Appleは32bitaアプリから64bitaアプリへ移行するのか?

最新のmacOSが動作するMacには、64bitプロセッサが搭載されているためです。
要するにプロセッサであるCPUが64bitの環境で32bitのアプリを動かすには、32bitライブラリをmacOSに用意しなければなりませんからね。これはムダ以外の何物でもありません。

あと、AppleはハードウェアにMetalを導入していることも大きく影響しているだろうね。

Metalが動作するのは、64bit環境のハードウェアのみ

Metalとは、Appleによって開発されたグラフィックステクノロジーです。CPU (プロセッサ) とGPU (グラフィックス) がともに連動することで、グラフィックスのスペックが上がります。

Metalが動作するのは、64bit環境のハードウェアだけとなります。AppleはMetalを推奨しているので、macOSに32bitアプリが混在する状況を改善したかったんだろうね。
ちなみに、以下のMacではMetalやMetal2が動作します。

  • iMac Pro モデル
  • iMac (2012以降)
  • MacBook (2015以降)
  • MacBook Pro (2012以降)
  • MacBook Air (2012以降)
  • Mac mini (2012以降)
  • Mac Pro (2013以降)

64bitは有利なの?

高負荷な処理、複雑な処理を行う場合、64bitアプリの方が圧倒的に有利です。
一度に扱うことのできる情報量が32bitアプリと64bitアプリでは異なるためです。
3DアプリやVR・ARアプリなどで64bitが有利なことは明白ですよね。

32bitアプリと64bitアプリの違いは?

32bitアプリと64bitアプリの違いについて説明します。

32bitアプリと64bitアプリでは、一度に扱うことのできる情報量が違います。
32bitアプリは約43億 (2の32乗=4294967296) の数字を扱うことができるのに対して、64bitアプリは約1844京 (2の64乗=18446744073709551616) の数字を扱うことができます。64bitアプリが扱うことのできる情報量は、桁が全く異なることが分かります。

すでにiOSは64bitアプリしか動かない

すでにiOSは、2017年9月にリリースされたiOS11より64bitアプリしか動作しなくなっています。

このとき話題になったのは、iOSに提供されていた32bitアプリの多くがゲームアプリだったことです。例えばタイトーでは、32bitアプリとして配信していた「アルカノイド」「キャメルトライ」「スペースインベーダー インフィニティジーン」「パズルボブル」「バブルボブル ダブル」の配信を2017年9月30日で終了しました。

課金していたユーザーにとっては、たまったものではありませんが、iOSにおいて32bitアプリは切り捨てられてしまったのです。

さいごに

以上、Appleが32bitアプリをサポートしなくなる件についてでした。

今年の9月にリリースされるmacOS Mojaveが32bitアプリをサポートする最後のOSになります。32bitアプリが使えるのは、2019年9月までになりますので、32bitアプリをお使いの方は代替アプリを探す必要がありますね。

iOS11ではすでに32bitアプリは利用できませんので、当然の流れと言えそうです。

Appleは古い技術はかんたんに切り捨てますので、32bitアプリをお使いのユーザーは、今から準備しておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク