AMPとPWAを組み合わせる3つの方法

Googleの山口能迪さんのPWAとAMPのお話

先日、AMP Roadshow Tokyoのセッションの中で、Googleの山口能迪さんのAMPとPWAを組み合わせるお話が面白かったので紹介します。

ネイティブアプリはサクサク動くメリットがありますが、ユーザーにインストールしてもらう障壁が高く、インストールにかかるコストが高いといったデメリットがありますよね?
一般的なユーザーは、80%の時間を3つのアプリで過ごします。1ヶ月でインストールするアプリの平均は、なんと0本。ユーザーにアプリをインストールしてもらうことは至難の業とのことでした。

これに対してPWAならば、アプリのインストールが不要です。PWAとはProgressive Web Appsの略で、ウェブとアプリのいいところどりをしたインストール不要のアプリです。PWAはブラウザからアクセスできるので、アプリをインストールする必要がなく、リーチが広いというメリットを持っています。アプリデベロッパーにとって、PWAは魅力的ですよね。

スポンサーリンク
レクダンクル(大)

AMPとPWAを組み合わせるメリット

AMPとPWAを組み合わせるメリットは、優れたユーザー体験を提供できることです。

  • AMPのメリット・・・きちんとマークアップさえすれば、速度が担保される
  • PWAのメリット・・・AMPでは実現できないような動的なリッチな機能

AMPとPWAを組み合わせることで、ウェブページはAMPで高速化され、PWAで動的なリッチな機能を提供することができるのです。Googleの山口さんは、AMPとPWAは対立するものではなく、共存するものですということをお話されていました。

AMPとPWAを組み合わせる方法

AMPとPWAを組み合わせる方法について紹介します。次の3つの方法があります。

  • AMP to PWA
  • AMP as PWA
  • AMP in PWA

AMP to PWA

ウェブの第一印象は、表示速度が速いかどうかです。表示速度が遅ければユーザーは見てくれません。

AMP to PWAのケースでは、ユーザーにAMPの高速表示の体験を提供し、その後、PWAでアプリのようにリッチな体験を提供することが可能です。

次のようなステップでユーザーはウェブサイトを遷移します。

  1. AMPページへランディング
  2. AMPページのコンテンツをユーザーが見ている間に、バックグラウンドでService Workerを動かす
  3. ユーザーが別ページへ遷移すると、Service Workerからリンクを飛ばし、PWAでアプリのようなリッチな体験ができる

AMP to PWAで構成されたサイトは、次のサイトがあります。

Rakuten Recipeの成功例

AMP to PWAを導入したRakuten Recipeの成功例

AMP to PWAを導入したRakuten Recipeの成功例を見ていきましょう。

AMP

  • 滞在時間50%増加
  • AMPページから他のページへのCTRが3.6倍

ホーム画面にアイコン追加

  • ホーム画面にアイコン追加したユーザーの訪問が1.7倍
  • ホーム画面にアイコン追加したユーザーのページビューが3.1倍

プッシュ通知

  • ユーザーあたりの1週間のセッションが3.3倍
  • 2週間後からは4.2倍、1ヶ月後から5.3倍
  • ソーシャルからのアクセスと比較して、プッシュ通知からのアクセスしたユーザーの直帰率は75%低い
通知は諸刃の剣

Rakuten Recipeではプッシュ通知での成功例を上げていますが、通知は諸刃の剣でもあり、ウザイとユーザーが感じると、即ブロックされてしまうのでご注意ください。

AMP as PWA

AMP as PWAとは、AMPページをPWA化する手法です。AMPだけで実装することから、カノニカルAMPとも呼ばれています。

AMP as PWAで構成されたサイトは、次のサイトがあります。

Accelerated Mobile Pages Project

AMP as PWAならば、AMPでは難しい決済処理も可能

AMP as PWAのサイトでは、AMPページ自体をローカルにキャッシュします。

AMPではURLが分かれてしまうので難しかった決済処理が、AMP as PWAならば同じURLで表示できるので、決済処理も可能です。
Service Workerが動かないブラウザでも、実装できることもメリットとのことです。

AMP in PWA

今まで紹介してきた「AMP to PWA」「AMP as PWA」は、AMPページとPWAページは別ページとして表示します。

それに対して、AMP in PWAでは、次のようにコンテンツを表示します。

  1. PWAでアプリケーションシェル(側の部分)を生成
  2. コンテンツの部分をAMP HTMLで差し替えていく

AMP in PWA

PWAの枠の中にAMPページのコンテンツが入っているというと分かりやすいですよね。

ネイティブアプリでも使っている手法で、アプリケーションシェル(側の部分)とコンテンツを切り分けることで、高速表示が可能になります。
しかも、ユーザーにネイティブアプリに近いUXを提供できることもメリットです。

iframeは遅いので、Shadow DOMを使って実装していくとのことでした。

さいごに

以上、AMPとPWAを組み合わせる3つの方法についてでした。

個人的には、既存サイトをPWA化する場合、AMP to PWAがベストプラクティスかなと感じました。AMPページにランディングして、ユーザーがAMPページのコンテンツを見ている間に、バックグラウンドでService Workerを動かします。ユーザーが他のページへ移動する場合、Service Workerからリンクを飛ばすので、PWAでアプリのようなリッチな体験ができるので、UXも高いのです。

AMPページとモバイルページを同じUIにしておけば、ユーザーが戸惑うこともなくなるのでオススメです。

ECサイトはCanonical AMPを実装するとメリットがたくさんあるというお話をします。 Canonical AMPを実装...
スポンサーリンク
レクダンクル(大)
レクダンクル(大)

フォローする

Instagram

この記事をお届けした
iSchoolの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク